Box、Office 365と統合するほか、Businessプランを容量無制限に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Box、Office 365と統合するほか、Businessプランを容量無制限に


掲載日:2014/07/18


News

 株式会社Box Japan(Box)は、オンラインストレージ「Box」と「Office 365」/Officeアプリケーションとの統合を発表した。2014年秋にベータ版が提供される予定。

 今回の統合では、「Office 365」と「Box」を併用しているユーザが、社内/社外のビジネスパートナーと安全に書類を共有/編集/コラボレーション/管理できるようになる。「Box for Office 2013デスクトップ」では、「Office 2013」デスクトップアプリ内で「Box」からWord/PowerPoint/Excelなどのファイルをシームレス/簡単に開き、編集/共有/保存できる。「Box for Outlook 2013デスクトップ」では、メールのワークフローを効率化できる。「Box」に保存されているファイルへリンクを共有し、「Office 2013」デスクトップ内で添付ファイルを直接「Box」のリンクに変換できる。

 また、「Enterprise」プランに加え「Business」プランでも、容量無制限のストレージの提供が開始された。

 また同社は、AvePointと協業し、「Box」とSharePointを利用するユーザをつなぎ、コンテンツを集約できるようにした。「DocAve Cloud Connect」では、「Box」とSharePointのユーザが、それぞれに保存されているデータを重複コピーせずに、同期/検索/編集/共有できるようになる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オンラインストレージ/ファイルストレージ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オンラインストレージ/ファイルストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

「オンラインストレージ/ファイルストレージ」関連の製品

Oracle DB環境ストレージ刷新で運用とコストを最適化 【東京エレクトロン デバイス】 オンラインストレージ・パッケージ DocPlug 【鉄飛テクノロジー】 セキュアな大容量ファイル転送・共有サービス「Active! drive SS」 【クオリティア】 トライアルサービス実施 Oracle Documents Cloud Service 【日本オラクル株式会社】 法人向けオンラインストレージ DirectCloud-BOX 【ダイレクトクラウド】
オンラインストレージ/ファイルストレージ オンラインストレージ/ファイルストレージ オンラインストレージ/ファイルストレージ オンラインストレージ/ファイルストレージ オンラインストレージ/ファイルストレージ
オールフラッシュは、DB環境にこそふさわしい。その理由とは…… 自社のファイルサーバをオンラインストレージとして利用できるソフトウェア。PCやタブレット、スマートフォンを利用した社外からのデータアクセスを簡単に実現。 ビジネス利用を前提に設計された大容量ファイル転送サービスとオンラインストレージサービス。高いセキュリティ性と使いやすさを兼ね備え、低コストでの導入を可能とした。 オンラインストレージ、使って気付く意外な盲点 社内外でファイルを効率よく安全に共有・管理できる「ユーザ数無制限」の法人向けオンラインストレージ。「セキュリティ」と「利便性」の両立を追求し生産性の向上を実現。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056736


IT・IT製品TOP > ストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ