コダック アラリス ジャパン、窓口等向けスキャナなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コダック アラリス ジャパン、窓口等向けスキャナなどを発売


掲載日:2014/07/16


News

 コダック アラリス ジャパン株式会社は、ワークグループスキャナ「KODAK SCANMATE i1150/i1180」と、紙の文書や電子文書からデータを取得し、ビジネスプロセスのワークフローに組み入れるソフトウェア「KODAK Info Activate ソリューション」を発売する。

 「i1150」は、例えばサービス窓口やエージェントのデスクで、大多数の取引でのスキャン枚数は10枚以下であることを考慮し、最初の10ページのキャプチャを60%高速に行なうトランザクションモードを備えている。

 「i1180」は、オンボードにイメージ処理技術を搭載したことで、ホストPC上の処理要件を軽減でき、高性能なコンピュータが不要になる。また、EMC CAPTIVA Cloud Toolkitのフルライセンスデバイスなので、開発者は、ソフトウェア開発キットを使用して容易で費用対効果の高いシンクライアントキャプチャアプリケーションを作成し、利用できるようになる。

 「i1150/i1180」とも、キャプチャしたイメージの送信場所を簡素なアイコンで表示できるカラーインターフェースなどを装備している。省スペースで、動作音も抑えられている。また、すばやく簡単にキャプチャできる機能やKODAK Capture Pro Software Limited Editionを含む様々なKODAKソフトウェアに対応していて、KODAK Capture Pro Software製品版へアップグレードできる。

 「KODAK Info Activate ソリューション」は、契約書/請求書/クレーム/身分証明書類など、紙コンテンツのキャプチャを簡素化し、業務にあったワークフローを簡単に作成/管理/実行できる。ドキュメント検索を容易にしたり、様々なコンテンツタイプに対応することで、コンテンツを管理しやすくする機能が提供される。更に、Microsoft Share Point Server上にシームレスに統合することで、均一のユーザ認証を利用できるほか、新たなソフトウェアの習得期間を短縮できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056693


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > その他オフィス機器関連 > その他オフィス機器関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ