日本オラクル、プライベートクラウド運用管理製品の新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、プライベートクラウド運用管理製品の新版を提供


掲載日:2014/07/16


News

 日本オラクル株式会社は、プライベートクラウドの迅速な導入を支援する運用管理ソリューションの新版「Oracle Enterprise Manager 12c Release 4」の提供を開始した。

 今回の新版では、複数のDBの稼働状況を一元的/長期的に管理/分析できる機能“Automatic Workload Repository(AWR)Warehouse”が追加された。DBのパフォーマンス・チューニングで求められる、稼働状況やワークロードに関する情報を管理でき、キャパシティ・プランニングの正確性向上を図れる。また、過去のDB稼働状況を確認でき、将来的に発生する性能劣化を予測できるよう支援する。

 様々な構成のDBをサービスカタログとして準備でき、DBのセットアップ時間を短縮できる。これにより、企業内のDBaaS(Database as a Service)の構築工数の削減や迅速な導入を図れる。

 管理対象にあるDBに含まれている機密性の高いデータを体系的に発見し、保護するための機能“エンタープライズ・データ・ガバナンス”が追加された。また、PCI DSS(クレジットカード業界のセキュリティ基準)やSTIG(米国国防総省のセキュリティ技術導入ガイドライン)などのセキュリティやシステム監査に対応したテンプレートも追加され、それぞれの基準に基づいてシステム全体のセキュリティ状態をチェックできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056687


IT・IT製品TOP > データセンター > プライベートクラウド > プライベートクラウドのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ