エイネット、アジアの日本法人向けにネットワークインフラを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エイネット、アジアの日本法人向けにネットワークインフラを提供


掲載日:2014/07/16


News

 エイネット株式会社は、アジアの各地域と日本との間で、安定した通信を行なえるネットワークインフラ「GCC(グローバル・クラウド・カンファレンス)」の提供を開始した。価格はオープン価格。

 「GCC」では、アジアの回線事業者と提携し、シンガポールと香港に設置したエイネットの専用サーバによって、シンガポール/タイ/マレーシア/ベトナム/インドネシア/中国本土と、日本との間の安定した通信環境を提供する。中国との通信では、香港のサーバーを経由することで、中国政府によるインターネット検閲を回避でき、通信内容の秘匿性を確保するとともに、回線速度の低下を防げる。

 ビデオ会議や、動画配信、事業所間の遠隔監視など、高速の回線が必要な用途に利用できるほか、BCP対策にも活用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056685


IT・IT製品TOP > 通信サービス > その他通信サービス関連 > その他通信サービス関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ