QUADRAC、産業革新機構を割当先とした第三者割当増資を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


QUADRAC、産業革新機構を割当先とした第三者割当増資を実施


掲載日:2014/07/16


News

 QUADRAC株式会社は、7月11日付けで、株式会社産業革新機構を割当先とした約7億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

 QUADRACは、電子マネー決済などのクラウドサービス向けサーバー製品の開発・販売や、人体通信技術の開発などを手掛ける企業。同社は、今回の増資を受け、今後は「Q-CORE」の拡販に向けたマーケティング活動の強化、並びに「CCCC」の事業化を推進していくと伝えている。

 「Q-CORE」は、同社が開発したリアルタイム・マス・トランザクション処理に特化したサーバー。リアルタイム・マス・トランザクションとは、電子マネーや交通チケットのシンクライアント処理や、オンラインオークションなど、リアルタイムに処理しなければならないトランザクションが大量に集中する状況を指す。

 同サーバーは、秒間1000を超えるリアルタイム・マス・トランザクションを遅延せず処理することが可能で、トランザクションのピーク時に合わせて大規模な設備を用意する必要がある事業に対し、設備投資と運用コストの削減を可能にする。また、FeliCa認証機能を標準搭載しているため、電子マネーのシンクライアントシステムのサーバーとしても利用できるほか、リアルタイム処理の必要なほかの様々なシステムにおいても費用対効果を期待できる。

 「CCCC」は、同社が開発した近距離通信技術で、ISO/IEC 17982として国際標準規格登録されている。電極が対向することで生じる静電容量を利用していて、人体を媒介とした通信が可能であるため、ウェアラブル端末やスマートデバイスに搭載し、これらを身に付けたまま手や足を触れることで、各種認証手段とデータの授受が可能となる。

 なお、セイコーソリューションズ株式会社も同社への出資を決定しており、増資を実施する予定だとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 【サイバネットシステム】 Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化 【スプレッドオフィス】 インカムシステム 【NTTテクノクロス】 クラウド実践ガイド:オンプレミスから移行するアプリケーションの見極め方 【F5ネットワークスジャパン】 メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出 【シマンテック】
認証 帳票管理システム その他情報共有システム関連 ADC/ロードバランサ メールセキュリティ
「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化 IPベースのインカムシステムで、スムーズな情報共有を実現するリアルタイムコミュニケーションツール。 クラウド実践ガイド:オンプレミスから移行するアプリケーションの見極め方 メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056680



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ