サイオス、Windows Server 2003からRHEL 7への移行支援を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイオス、Windows Server 2003からRHEL 7への移行支援を提供


掲載日:2014/07/15


News

 サイオステクノロジー株式会社(サイオス)は、Windows Server 2003からRed Hat Enterprise Linux 7(RHEL 7)Serverへの「マイグレーション支援サービス」の提供を開始する。

 「マイグレーション支援サービス」は、レッドハット株式会社の統合窓口/センタ“Red Hat OSS Integration Center”を通じて提供される。同センタでは、無償ワークショップ開催をはじめ、OSS(オープンソースソフトウェア)を活用したシステム基盤の構築に向けた課題の洗い出しから、新しいソリューションの提案まで、様々な要望に合わせた支援が行なわれる。RHEL 7のほか、RHEL 6/5へのマイグレーションも支援される。

 今回、第1弾として、オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社と協力し、同社が提供する、Windows ServerのActive Directory環境をLinux上で構築するためのOSS「Samba」を利用して、Active Directory ServerからLinux Serverへのマイグレーション支援が行なわれる。「Samba」の最新バーション「4」を利用することで、Windowsで利用していたActive Directory機能や使い勝手を踏襲でき、Windowsクライアントのリモート管理ツールからWindows利用者などの統合管理ができるため、Active Directory環境を低コストでリプレイスできる。価格は個別見積。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056661


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ