この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウェブルート、BYOD調査結果を発表


掲載日:2014/07/15


News

 ウェブルート株式会社は、社員が個人所有のデバイスを仕事用に使用するBYOD(Bring Your Own Device)に対する懸念と要望、企業データ保護に向けたアドバイスや脅威への対処法などをまとめたBYODセキュリティレポート「BYODの企業と社員のギャップ」(英語版)を発表した。

 「BYODの企業と社員のギャップ」は、個人所有のデバイスを仕事で使用する実態を企業側と社員双方の視点から調査したレポート。同レポートの先駆けとなる調査は2013年に実施され、個人所有のデバイス活用の広がり、セキュリティの実態と企業が管理するセキュリティに対する個人の懸念などを明らかにしたという。3月に実施された2次調査では、IT管理者が個人所有のデバイス使用の危険性をどう見ているかや、モバイルに対するセキュリティポリシーの施行例、社員の意見はBYODポリシーにどの程度反映されているかなどが調査されたとしている。

 同レポートは、米の市場調査会社ハリス インタラクティブにより米国の会社員2000名、モバイルセキュリティのポリシー策定に従事するフルタイムのIT管理者205名を対象に実施されたと伝えている。

 調査結果として、企業、社員双方とも企業情報保護に対する適切な対応ができておらず、重大なセキュリティ事故につながる危険性が明らかになったという。更に、BYODセキュリティ管理手順を策定するにあたり、企業と社員間で適切にコラボレーションが取られていない実態も明らかになったと述べている。個人所有のデバイスを仕事で使用するケースが広がるにつれ、問題になる可能性が高まっているとしている。

 ウェブルートは、個人所有のスマートフォン、タブレット、ノートPCは企業にとって生産性の向上やコスト削減に役立つとはいえ、ITセキュリティポリシー策定者は別の視点で物事を考えなければならず、同調査の結果から、このギャップを埋めるには企業と社員双方がセキュリティ、データ及びプライバシーについて十分な議論を尽くして結論を導き出すべきだと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

企業間B2B/EDIデータ連携サービス OpenText B2B Managed Services 【GXS】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 【アドビ システムズ】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】
EDI 文書管理 ワークフロー 検疫 検疫
B2Bデータ連携を実現するEDIクラウドサービス。マッピング(データフォーマット変換)、テスト、取引先導入支援など、必要な作業をOpenText GXSのチームが支援する。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 「WannaCry」など新種のサイバー攻撃を防ぐクラウド型DNS マルウェアの90%以上が利用する経路とは? 意外と見落としやすい対策ポイント
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056647



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ