SBT、クラウドアクセスコントロールのラインアップを拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBT、クラウドアクセスコントロールのラインアップを拡充


掲載日:2014/07/14


News

 ソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)は、クラウドアクセスコントロールサービス「Online Service Gate」のラインナップを拡充し、従来のサービスに追加機能を標準化した「Professional版」と、新たに提供開始する「Enterprise版」の2つを、7月から展開する。

 「Online Service Gate」では、クラウドサービスの利用下で、社外からのアクセス制限やシングルサインオン環境を構築できる。マルチデバイス環境で安全なアクセスが可能になるため、BYODの推進にもつなげられる。マイクロソフトのクラウド型統合グループウェア「Microsoft Office 365」などのクラウドサービスとも連携できる。

 今回提供される「Professional版」では、モバイル端末のアクセス制御機能が標準化され、オプション不要でモバイルに対応できるようになった。

 「Enterprise版」では、エンタープライズ企業のビジネスユースが想定されていて、接続先サービスの数が無制限になっている。同サービスがサポートする認証プロトコル(SAMLプロトコル)に対応したクラウドサービスやオンプレミスのWebシステム、パッケージアプリケーションとの接続が可能で、社内システムのシングルサインオン・アクセス制御をシームレスに行なえる。

 今回のリニュアルにより、企業の様々なクラウドサービスやアプリケーションに対して、セキュリティの担保と利便性を併せもつ、場所を問わないクラウド認証サービスの提供が可能になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

AXIOLE 【ネットスプリング】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 新通信プロトコル「HTTP/2」のメリットと注意点を解説 【合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 知らないと恥ずかしい「HTTP/2」と「HTTP/1.1」“決定的な違い” サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056628


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ