TeamViewer、コンピュータ・デバイスの利用状況などの調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TeamViewer、コンピュータ・デバイスの利用状況などの調査を実施


掲載日:2014/07/14


News

 ドイツTeamViewer GmbHは、コンピュータ・デバイスの利用状況及び在宅勤務とリモートアクセスへのニーズに関する意識調査の結果を発表した。

 同調査は、日本全国の20代から50代のビジネスパーソン男女515人を対象に行ない、コンピュータ・デバイスとリモートアクセスが日本のビジネスパーソンの間でどの程度普及しているのか、更にテクノロジーが生活にどの程度の影響をもたらしているかについて調査を実施したという。

 TeamViewerは、調査結果サマリーとして3点発表している。1つは、コンピュータ・デバイスの利用状況について尋ねたところ、全体の約3割(28.7%)が、“1年前と比べてコンピュータ・デバイスの所有台数が増加した”と回答し、23.5%が“1年前と比べて携帯端末からのインターネット接続時間が増えた”と回答したという。

 2つめは、在宅勤務を選択肢に持ちたいかを尋ねたところ、在宅勤務を望む理由として最も多かったのは“病気で長期療養が必要なとき”(60.6%)で、“仕事と生活のバランスを改善したいと考えるとき”と回答した人が50.7%となったとしている。また、昨年同社が行なった同様の調査では“病気で長期療養が必要なとき”(57.7%)、“仕事と生活のバランスを改善したいと考えるとき”(48.7%)という結果が得られており、昨年と比べても在宅勤務へのニーズは増加していることが分かったと伝えている。

 3つめは、オフィスのPCにリモートアクセスを行ないたいかを尋ねたところ、71.5%の回答者が職場のPCへのリモートアクセス権を持ちたいと回答したという。また、どのような状況の時にリモートアクセスを行ないたいかについては、“病気のときに在宅勤務が必要となる場合”と回答した人が39.2%で最も多く、以下、“休暇中にメールをチェックしたい場合”が33.2%、“出張中に書類にアクセスする必要が出てきた場合”が29.1%となったとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? 【F5ネットワークスジャパン】 先進企業がクラウドサーバとしてIBM z Systemsを活用する理由 【日本アイ・ビー・エム】 Google、Androidスマートフォン向けVRプラットフォーム「Daydream」発表 【KDDI】 山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 【KDDI】 「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」 【KDDI】
統合運用管理 プライベートクラウド スマートフォン 無線LAN モバイル通信サービス
クラウド運用負荷を極限まで軽減、シンプルな管理を可能にする5つの優れた機能 先進企業がクラウドサーバとしてIBM z Systemsを活用する理由 Google、Androidスマートフォン向けVRプラットフォーム「Daydream」発表 山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056618



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ