イーストゲート、会員管理クラウドでSNS/CMS連動の新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


イーストゲート、会員管理クラウドでSNS/CMS連動の新版を提供


掲載日:2014/07/14


News

 株式会社イーストゲートは、クラウド型会員管理システム「SmartCore」で、会員管理システムにCMSを取り込み、一般に公開されるWebサイトと会員サイトをシームレスに管理できるようになった「Ver.4」の提供を開始した。

 「SmartCore」は、名簿管理/会員サイト(マイページ)/メール配信などの基本機能に、イベントや会費管理など複数のオプション機能を組み合わせて利用できる。すべての機能が名簿DBと連動しており、会員に関する様々な情報を一元的に、低コストで管理できる。

 今回の新版では、一般公開ページから会員限定ページへの呼び込みをスムーズに行なえる。新規会員登録時に入会金の払込みが必要な場合でも、ペイメント機能を併用することで、数分程度のオンライン手続きで完了できる。また、一般公開/会員限定のコンテンツをまとめて管理できる。レイアウトやデザインを統一したり、1つのサイトマップですべてのページを表現したり、公開Webサイトと会員サイトをシームレスに管理できる。

 会員1人ひとりについて、イベントやグループへの参加状況、各種支払いの状況などを表示できる。会員の状況を個別に把握することで、より的確な対応を支援する。また、会員SNSとして機能するタイムラインに、ウォールを追加できる。

 管理者自身が、管理画面内メニューのレイアウト変更やデザインの変更を行なえるようリニュアルされた。また、IPアドレスフィルタによるアクセス制限と、IP/パスワード認証に加え、認証コードの発行機能が導入された。ログイン時に2段階認証を行なうことで、管理者アカウントの不正利用リスクを軽減できる。

 ラベル作成機能が追加され、会員向け郵送物の宛名作成や、会員証の印刷、会議や協議会での名札印刷などをスムーズに行なえる。また、日本語/英語サイトをクリック操作で切り替えられる。各機能のカスタマイズや、新規機能の開発にも対応する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

現場力を最大化するCRM基盤 やずや社長が語る通販システムの「極意」 【日本電気株式会社】 Microsoft Dynamics CRM 【日立ソリューションズ】 顧客離反を防ぐ「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 【セールスフォース・ドットコム】 クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】 統合型CRMソリューション Visionary 【フュートレック】
CRM CRM CRM CRM CRM
現場力を最大化するCRM基盤 やずや社長が語る通販システムの「極意」 営業、サポート、マーケティングなど全社で使える統合型CRM。オンラインと設置型双方がある。新たにデジタルマーケティング機能が強化されスコアリング等ができる。 顧客離反を防ぐ3つの方法――「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。 「顧客を知る」ための多彩な機能を備え、マーケティング施策の効果向上を支援するCRM(顧客管理)ソリューション。
O2Oに対応した機能により、店舗とECの統合管理が可能。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056609


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ