NTTソフトウェア、特権ID管理ソリューションに従量制プラン追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTソフトウェア、特権ID管理ソリューションに従量制プラン追加


掲載日:2014/07/14


News

 NTTソフトウェア株式会社は、特権ID管理ソリューション「iDoperation」に、管理したいシステム数だけライセンスを購入できる従量制の価格プラン「シンプルプラン」を追加した。

 「iDoperation」は、特権ID管理に求められる4つの要素“申請”“ID管理”“アクセス制御”“監査”で構成されたソリューションパッケージ。今回追加された「シンプルプラン」は、基本パッケージと管理対象システム数に応じた、従量制のライセンスで、管理対象システムを1台ずつ追加できるため、初期費用を抑えた導入を図れる。価格は、最小構成で95万円から。

 従来からある、準定額制の「フラットプラン」に加え、「シンプルプラン」が新設されたことで、利用環境に応じて、適切なプランを選択できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 最小構成:95万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

Entrust Datacard -Secure Trandactions 【エントラストジャパン株式会社】 クラウドID管理の難題、解決の鍵は? 【日本マイクロソフト+他】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】 クラウド“乱用”に悩むIT部門──ID統合管理とシングルサインオンのススメ 【東京エレクトロン デバイス+他】 働き方改革で生じるデバイスやIDの管理とセキュリティの問題を解消する方法とは 【日本マイクロソフト株式会社】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
「自動車へのサイバー攻撃」をどう防ぐ? IoT時代のID認証技術とは 業務の効率化にクラウドアプリの積極的な導入は欠かせないが、利用するサービスが増えてくるとID管理やセキュリティ確保が課題になる。どうすればいいか。 申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。 利用の広がるクラウドサービスだがID管理に関して課題を抱えているケースも多い。そうした中、この課題をクラウドで解決するサービスが注目を集めている。 働き方改革で生じるデバイスやIDの管理とセキュリティの問題を解消する方法とは

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056603


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ