NEC Magnus Communications、ドコモ網接続のLTEルーターを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC Magnus Communications、ドコモ網接続のLTEルーターを出荷


掲載日:2014/07/11


News

 NECマグナスコミュニケーションズ株式会社(NEC Magnus Communications)は、NTTドコモ網に接続可能なLTEルーター「uM300L type-D」の出荷を7月に開始する。価格はオープン価格。

 「uM300L type−D」は、MIMO動作時に下り最大100Mbps/上り最大50Mbpsの通信(技術規格上の最大値。通信環境などに応じて変化する)が可能なLTEルーター。電波状況に応じて使用する回線をLTE/HSPA/3G(WCDMA)に自動で切り替える。

 また、有線LAN(10BASE-T/100BASE-TX)2ポート、無線LAN(802.11b/g/n準拠)、シリアル(RS−232C)インタフェースを備えているため、幅広い用途・サービスに利用が可能で、IPv4スタティックルーティング(最大32)、アドレス変換(NAT/NAPT)、ポートフォワードなどのルーティング機能に加え、VPN機能(IPsec・PPTP・L2TPv3・VPNパススルーなど)やパケットフィルタ機能によりインターネット接続時のセキュリティも確保される。

 動作環境としてはマイナス20度から50度まで対応でき、ケーブル長3mの高利得アンテナが標準添付され、IPX3に対応しているため幅広い設置環境で設置できる。また、電波環境の悪化や通信エラーなどの事態に備え、自己リセット/定時リブート(再起動)機能を備え安定的な通信が確保されるほか、リモートでの各種設定や動作ログ確認、ソフトウェアのバージョンアップができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ルーター」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ルーター」関連情報をランダムに表示しています。

「ルーター」関連の製品

LTE通信モジュール内蔵 VPNルーター FutureNet NXR-G100 シリーズ 【センチュリー・システムズ】 SRXシリーズ 【ジュニパーネットワークス】 LTE/3Gモジュール内蔵セルラールーター 『CTL-101JC / CTL-101JE』 【キャセイ・トライテック】 UNIVERGE IXシリーズ 【NEC】 ワイヤレスアダプタ/ワイヤレスVPNルータ 「UNIVERGE WA シリーズ」 【NEC】
ルーター ルーター ルーター ルーター ルーター
LTE通信モジュール内蔵の企業向けVPNルーター。3大キャリア対応。M2M(Machine to Machine) / IoT(Internet of Things)に必要な耐環境性 / 高信頼性 / 低消費電力を備えている。 Junos OSに統合型脅威管理(UTM)と不正侵入防御(IPS)、クラウド/モバイル時代に必須のアプリケーションの“見える化“機能を統合可能な次世代のサービス・ゲートウェイ。 M2M/IoT市場の様々なニーズに対応する無線通信ルーター。LTE/3Gネットワークを介しての無線データ転送機能や回線バックアップ機能を提供する。 各種VPN網に対応する高速アクセスルータ。OpenFlow 1.3.1に対応した「SDN Ready」製品であり、将来のSDNへの移行もスムーズ。 LTE回線や無線LANを活用し、多様なネットワーク構築を可能にする企業向けワイヤレスVPNルータ。
無線LAN AP内蔵モデル、LTE通信機能内蔵モデル等を用意。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056585


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ルーター > ルーターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ