提携:日本マイクロソフト、YRP UNLとIoTの技術基盤の構築で提携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:日本マイクロソフト、YRP UNLとIoTの技術基盤の構築で提携


掲載日:2014/07/10


News

 日本マイクロソフト株式会社は、YRPユビキタス・ネットワーキング研究所(YRP UNL)と、オープンデータ・ビッグデータと、様々な機器から発生する膨大なデータを蓄積しサービスに活用するIoT(Internet of Things)分野で提携すると発表した。

 オープンデータは、企業・団体・一般の人などが自由に利用できるデータで、特に公共機関等が保有するデータの有効活用が注目されているという。

 IoTとは、様々なものがインターネットを通じて接続され、管理や制御などを可能にするという概念。

 YRPユビキタス・ネットワーキング研究所(YRP UNL)は、身の回りのあらゆるモノに、通信能力を有するマイクロコンピュータやセンサ、アクチュエータなどが埋め込まれ、それらが相互に情報交換を行ないながら協調動作し、人間生活をより高度にサポートする、ユビキタスコンピューティング環境を構築すること、 更にその基盤となる通信プロトコルを確立することを目的として設立された研究所。所長は東京大学教授 工学博士の坂村 健氏が務めている。

 YRP UNLと日本マイクロソフトは、両者が持つ技術やノウハウを活用して、総務省や経済産業省などが推進する標準化や実証実験にそれぞれ取り組んできたが、両者が連携することで、データをより2次利用しやすくして、更に多くの人々がオープンデータ・ビッグデータの恩恵を得られる社会づくりに貢献できるものと考え、提携することにしたと述べている。

 両者は、様々な“モノ”や“場所”などを識別するための国際標準の固有識別番号“ucode”を活用した情報提供基盤として、YRP UNLが推進するuIDアーキテクチャ2.0をマイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」に搭載し、オープンデータ、デバイスデータの統合から、ビッグデータ解析、サービス提供まで、すべての情報を一元的に扱うプラットフォームを構築し、同プラットフォームを活用した、政府/自治体/企業などによる社会実験や事業を共同で支援していくという。

 なお、uIDアーキテクチャ2.0とは、ucodeが付与された対象の属性や意味を表す情報をDBに格納し、ucodeをキーとして、その属性や意味情報をDBから取り出せる仕組みを指す。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 中堅・中小企業でもビデオ会議に手が届く今、見直すべき「日本の働き方」とは 【ポリコムジャパン株式会社】 DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? 【日商エレクトロニクス】 クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 【日商エレクトロニクス】 高利益体質のビジネス持続に欠かせないERP、中堅企業の成功事例 【SAPジャパン】
バックアップツール テレビ会議/ビデオ会議 ファイアウォール ファイアウォール ERP
稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 中堅・中小企業でもビデオ会議に手が届く今、見直すべき「日本の働き方」とは DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 高利益体質のビジネス持続に欠かせないERP、中堅企業の成功事例
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056549



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ