レノボ、Windows 8.1 64ビット対応タブレットやアクセサリー発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レノボ、Windows 8.1 64ビット対応タブレットやアクセサリー発売


掲載日:2014/07/09


News

 レノボ・ジャパン株式会社(レノボ)は、法人向けタブレット「ThinkPad 10」を7月8日(予定)に発売する。また、同タブレットをサポートする様々なアクセサリー製品も発売する。

 「ThinkPad 10」は、Atom Z3795プロセッサを搭載したことで、前モデル「ThinkPad Tablet 2」の約2倍のパフォーマンスを達成しているほか、Windows 8.1 Pro 64ビットOSに対応し、最大4GBのメモリを搭載できる。本体には、フルサイズのUSB 2.0やMicroSDカードスロットを搭載するなど、データのやり取りにも対応する。また、高い堅牢性の基準をクリアーしていて、立った位置からの落下テストも行なわれ、重要なデータの保護を図れる。

 高解像度ディスプレイWUXGA(1920×1200ドット)を採用し、高解像度の写真や動画の再生に加え、タブレットを使用して新聞やニュース、ドキュメントやデータの確認をする際、文字も綺麗に表示され読みやすくできる。落としても割れにくい強化ガラスを使用しているため、傷への耐性にも優れている。また、ノートブックPC並のパフォーマンスを備えながら、厚さ約8.95mm、重さ約598gの薄型・軽量設計を採用しているほか、約10.1時間の長時間バッテリ駆動を達成している。

 専用アクセサリーの「ThinkPad Tabletペン」は、1024段階で筆圧感知を行なえ、契約書などの署名や、手書きのメモ、絵や図などの描き込みを行なえるほか、素手で作業ができない環境でタブレットを操作できる。また、右クリックとして機能するボタンをペン本体に備えているほか、消しゴム機能を搭載し、不要な文字や線などを消去できる。

 64GBモデルは、指紋認証を搭載でき、複雑なパスワードを指紋で管理できる安全対策を行なえる。指紋認証を搭載した場合、スマートカードリーダもあわせて搭載される。なお、高速データ通信サービス「LTE」モジュールを搭載したモデルが9月中旬以降に発売される予定。

 オフィスワークの環境を構築するためのインターフェースやアクセサリーが提供され、ポート拡張するドックタイプのオプション「ThinkPad Tabletドック」や、本体着脱式・フルサイズのタッチパッド付きメカニカルキーボード「ThinkPad 10ウルトラブック キーボード」、キーボードとカバーが一体化したケース「ThinkPad 10タッチケース」などが用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「タブレット」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「タブレット」関連情報をランダムに表示しています。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056525


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ