採用:Future Architect等、佐川急便のビッグデータ分析基盤構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:Future Architect等、佐川急便のビッグデータ分析基盤構築


掲載日:2014/07/09


News

 フューチャーアーキテクト株式会社(Future Architect)は、SGシステム株式会社とともに、佐川急便株式会社の「ビッグデータ分析基盤」と「実績分析システム」を構築し、5月21日に稼働開始したことを発表した。

 同システムは、佐川急便が顧客サービス向上や経営改革を図るために、膨大な保存データを個人情報保護に配慮した上で様々な切り口から分析し、ビジネスの構造を可視化する目的で構築されたという。年間で約12億個ある荷物の配送過程では、発送、追跡、到着確認、計算、請求、精算などの情報が様々な形で蓄積され、1ヵ月あたり数十億件のデータが管理されているが、一度配送が終了し料金精算が終了すると、あとは保存されていただけだったとしている。このデータをより有効に活用するために構築したのが「ビッグデータ分析基盤」であり、その上に開発・搭載した経営分析システムが「実績分析システム」だと述べている。

 システム要件としては、毎月50億件のトランザクション量に対応する72TBの容量を装備すること、従来型DBの約10倍の高速処理を分散DBにて提供すること、高速計算の処理性能の向上とデータ容量増加に対応できる拡張性を備えること、Linuxコモディティサーバを複数組み合わせた安価で高性能な基盤構成とすることが挙げられたとしている。

 同システムの技術的な特徴は、ビッグデータ専用ハードウェアと同等なスペックの分析基盤を、安価な市販のハードウェアのみを用いて構築したことだという。これにより、初期投資や拡張する際の費用も低く抑えられ、ビッグデータの複雑な計算をベンダに依存することなく行なうことができると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

オープンソース・データサイエンスツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】
ビッグデータ
ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングのデータサイエンスツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056513


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ