フロスト&サリバン、東南アジアのeコマース市場に関して分析

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フロスト&サリバン、東南アジアのeコマース市場に関して分析


掲載日:2014/07/08


News

 米フロスト&サリバンは、東南アジアのeコマース市場(電子商取引)に関する分析を7月4日に発表した。

 フロスト&サリバンによると、東南アジアのeコマース市場は、2013年から2018年にかけて年平均成長率(CAGR)37.6%で成長する見通しとなり、同市場において世界で最も速いペースで成長を遂げる地域の1つとなると予測している。

 また、今回の調査対象となった東南アジア6ヵ国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)におけるB to C eコマースの市場規模は、2013年の70億米ドルから2018年には345億米ドルに到達する予測となっていると伝えている。

 更に、新興経済の成長にともない、2018年にはインドネシアが東南アジアのeコマース売上における全体の40%以上を占めることが予測され、同市場において最も大きなシェアを占める見込みだとしている。

 東南アジアにおける1人当たりの国民所得は上昇しており、PCやスマートフォン、タブレット端末を通じて多くの消費者がインターネットを利用するようになっていると述べている。

 東南アジアのeコマース市場で圧倒的シェアを占める企業はまだ存在していないものの、海外企業は同市場で拡大を続けているほか、複数の国内企業も参入しており、成長の初期段階であるにも関わらず、競争が激しい市場だと伝えている。

 一方で、東南アジアのeコマース市場の成長を抑制するいくつかの要因も存在するという。東南アジアの数ヵ国では、クレジットカードの所有率が10%に満たないほか、50%を超える人々が銀行口座を所有していないため、支払い手段の確立が課題となっていることに加えて、インターネット詐欺もインドネシアをはじめとする東南アジアの複数の国々で問題となっていると述べている。

 しかし、この様な背景を踏まえても、東南アジアのeコマース市場は継続して成長し統合が進むことが予測され、今後数年間で発展が期待される東南アジアのeコマース市場は、M&A(合併・買収)の対象にも十分なり得るものだと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターへの変革 【ネットアップ】 次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】
NAS データセンター運用 バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理
ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット 企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056492



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ