矢野経済研究所、国内のキュレーションサービス市場の調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、国内のキュレーションサービス市場の調査を実施


掲載日:2014/07/08


News

 株式会社矢野経済研究所は、国内のキュレーションサービス市場の調査を実施したと発表した。

 矢野経済研究所によると、調査期間は4月〜6月、対象はキュレーションサービス提供事業者で、調査方法は矢野経済研究所専門研究員による直接面談、電話・メールによるヒアリング、ならびに文献調査を併用している。

 同調査におけるキュレーションサービスとは、目的や意図を持って情報収集して、そこから不要なものを切り捨てて、人々の関心・興味を新たに喚起する形式で、情報を集約化し他者と共有するサービスを指すという。

 また、同調査のキュレーションサービス市場とは、「NAVER まとめ」や「Gunosy」など利用者を集めて広告・課金収入などで運営する情報系サービスや、「Origami」や「HATCH」などEC(電子商取引)の手数料・物品販売収入で運営するECサービス、キュレーションサービス機能を提供するプラットフォーム構築やキュレーションサービス展開のためのコンサルティングで収入を得るサービスなどを対象として、算出したとしている。

 同社は、調査結果サマリーとして2点発表している。1つは、2012年度のキュレーションサービス市場は60億1100万円となり、今後、スマートデバイスの普及率に比例して成長を遂げていき、2012年度から2017年度までのキュレーションサービス市場規模は年平均成長率(CAGR)45.7%で推移して、2017年度には395億3000万円(いずれも事業者売上高ベース)になると予測している。

 2つめは、キュレーションサービスを企業内で事業として行なっていく利点として、“少ない投資でインターネット上の大きなトラフィック(アクセス数)を稼げる可能性を持っている”点が挙げらたという。キュレーションサービスを利用し、ある程度の規模の利用者に扱うコンテンツや商品への興味・関心をもたせることができれば、その後は当該サービスでPV数やコンバージョン(成約率)を安定的に取りやすくなるとしている。Webマーケティングの重要性が高まっている中で、キュレーションサービスへの注目が集まっており、今後、ECや小売、メディア、ビックデータ分析など多方面における活用が進んでいくと考察しているという。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

サイバーリスク保険 【ファーストプレイス】 サイバーリスク保険 【ファーストプレイス】 ビジネスチャンスをつかむ糸口、「名刺」の正しいデータ活用法 【サンブリッジ】 「どこでも働ける」環境は損か得か? 調査で分かった間違えた思い込み 【ポリコムジャパン】 あらゆるリソースを自由に組み替えられる「コンポーザブル・インフラ」とは? 【日本ヒューレット・パッカード】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 SFA テレビ会議/ビデオ会議 垂直統合型システム
費用対効果で見るサイバー攻撃対策、リスクゼロを目指すよりも確実な選択肢は? IT事業者が損害賠償請求された場合、保険加入でどこまで補償されるのか? ビジネス活動の糸口となる名刺。社内共有の取り組みが盛んになってきたが、そこで満足する企業も多い。本来の目的である営業活動の最適化、売り上げ拡大に必要な視点とは。 「どこでも働ける」環境は損か得か? 調査で分かった間違えた思い込み あらゆるリソースを自由に組み替えられる「コンポーザブル・インフラ」とは?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056491



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ