ハイブリスジャパン、新社長の就任を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ハイブリスジャパン、新社長の就任を発表


掲載日:2014/07/07


News

 ハイブリスジャパン株式会社は、7月1日付で堀 裕氏が代表取締役社長に就任したことを発表した。

 また、代表取締役社長であった森田 正昭氏は同日付で相談役となり、引き続きハイブリスジャパンにおける営業支援などを行なっていくとしている。

 堀氏はIT業界において22年の営業・マーケティングの経験を持ち、2008年以降は消費材メーカーの社内グローバルポータルの構築・展開や、サービスプロバイダの情報専門サイトにおけるプラットフォーム刷新など、様々なコマース基盤の構築に従事してきたという。ハイブリスジャパンにおいては、アカウント営業としての役割に加え、パートナー・エンゲージメントやデマンドジェネレーション、各種プロモーション施策などの活動を行なってきたという。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

CMSソフトウェア Movable Type 【シックス・アパート】 Windows 10移行の3つのヒント――キッティング工数・コストを削減する方法 【クエスト・ソフトウェア】 金融企業の事例に学ぶ、DBの高可用性とTCO削減を両立するレプリケーション手法 【クエスト・ソフトウェア】 「分散型WAN」に最適化したSD-WANはなぜ業務を止めないか 【バラクーダネットワークスジャパン】 Office 365への移行で避けられないネットワーク負荷、その効率的な解消方法とは 【バラクーダネットワークスジャパン】
CMS IT資産管理 その他バックアップ関連 WAN 認証
効率的なウェブサイト運用を実現する、国内シェアNo.1のCMSプラットフォーム。安心のセキュリティ、豊富なソリューションで、小中規模からエンタープライズまで対応。 Windows 10移行の3つのヒント――キッティング工数・コストを削減する方法 金融企業の事例に学ぶ、DBの高可用性とTCO削減を両立するレプリケーション手法 クラウドの利用が当たり前のいま、企業のWAN環境に求められる要件も変化している。効率よくWAN最適化を実現し、セキュアで高品質な通信環境を獲得する方法を紹介する。 Office 365への移行で避けられないネットワーク負荷、その効率的な解消方法とは
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056460



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ