スパンション、IoT採用促進に向けZigBeeアライアンスへ加盟

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


スパンション、IoT採用促進に向けZigBeeアライアンスへ加盟


掲載日:2014/07/04


News

 米スパンション・インクは、ZigBeeアライアンスへの加盟を発表した。

 ZigBeeアライアンスは、オープンな非営利団体で、約400社の加盟企業が無線ネットワークによるセンシング制御規格であるZigBeeの開発に携わっているという。

 スパンションは、同アライアンスへ加盟し、IoT(モノのインターネット)の採用促進に向けたオープンスタンダードや技術協力を支援すると伝えている。

 同社の低消費費電力マイクロコントローラ、内蔵フラッシュ、“電池レス”のエナジーハーベスティング製品は、ZigBee技術を組み込むシステムインテグレータの構成要素として、ビル及び家庭用オートメーション、スマートエネルギー管理、LED照明制御、リテールサービス、センサフュージョン、及びウェアラブルデバイスなどのIoTアプリケーションの構築をサポートすると述べている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策 【トレンドマイクロ】 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 【トレンドマイクロ】 日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? 【Jiransoft Japan】 SAS Data Management 【SAS Institute Japan】 SAS Visual Analytics 【SAS Institute Japan】
WAF 検疫 その他運用管理関連 ビッグデータ BI
AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? 膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法 BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056429



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ