採用:HROne、アシスト提供の統合システム運用管理ソフトを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:HROne、アシスト提供の統合システム運用管理ソフトを採用


掲載日:2014/07/03


News

 株式会社アシストは、同社が提供する統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」(開発元:株式会社日立製作所)と各種技術支援サービスが、エイチアールワン株式会社(HROne)が提供する人事給与アウトソーシング・サービスに採用されたと発表した。

 「JP1」では、複雑化/広域化する企業情報システムをシームレスに管理できる。優れた信頼性/拡張性/操作性を備えていて、階層管理手法や統合フレームワークによって様々な機能を一元的に管理できる。

 HROneは、大企業グループから中小企業まで、顧客企業に対して業務とシステムが一体となった、給与を中心とする人事給与アウトソーシング・サービスを提供している。以前からサービス基盤となるシステムの安定稼働が不可欠と考え、サーバー仮想化への取り組みや「JP1ジョブ運用管理機能」の採用により、システムの安定稼働とリソースの有効活用を図ってきたという。

 同社では、顧客企業に対する柔軟なサービス提供のためにシステム強化策を模索していて、アシストからの同ソフトウェアに関する最新情報の提供や強化策についての提案を受け、既存の「JP1」のバージョンアップ、同ソフトウェアの機能によるアプリケーション監視強化、各種技術支援サービスをアシストに依頼した。

 またアシストの各種サポート対応を評価して、同ソフトウェアの購入とプロダクトサポート・サービスについては全面的にアシストに切り替えたという。更に、アシストが提供する「24時間365日サポート」も採用し、安定したシステム運用を図っていると伝えている。

 HROneでは、災害対策時の事業継続に向けたデータセンターの移設や、システム担当者の属人化排除を目的としてアシストの「JP1オンサイト教育サービス」を受講しているほか、アシストが主催する顧客企業同士の情報交流の場「JP1ユーザ会」への参加などにより、自社における運用管理ノウハウの構築を強化していると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

「Ansible」をチームで活用するために必要な管理機能をどう実装する? 【レッドハット】 サービス品質を見える化する「おもてなし規格認証」で、生産性向上や減税に 【東日本電信電話】 「オンプレミス+クラウドを活用、しかも運用負荷は軽減」は現実的か 【ネットワンシステムズ】 ITIL運用の経験不足をツールでカバー、福岡空港に学ぶプロアクティブな保守運用 【クレオ】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
「Ansible」をチームで活用するために必要な管理機能をどう実装する? サービス品質を見える化する「おもてなし規格認証」で、生産性向上や減税に 急速に変化するビジネス環境に対応するには、オンプレミスやクラウドのITインフラも迅速に変える必要がある。従来の手法を覆すITパートナーによる新サービスを紹介する。 年間約2100万人365日運航を支える「業務支援ツール」導入事例 オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056383


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ