サンロフト、中小企業経営者向けの収支予測システムをリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サンロフト、中小企業経営者向けの収支予測システムをリリース


掲載日:2014/07/01


News

 株式会社サンロフトは、PCAなどの基幹業務システムと連携した経営データを管理するクラウド型システム「経営ノート」を7月3日にリリースする。

 「経営ノート」では、インターネット接続できるPCやタブレットを用いて、前日までの実績に基づく日次レベルの損益を確認できる。これにより、自社の重要業績指標(KPI)などを日常的に意識した経営を行なえる。

 利用料は、初期費用が9万8000円から、月額が1万5000円(5ユーザ)から。なお同システムは、サイボウズ株式会社の業務アプリクラウドサービス「kintone」で開発された。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

進化は現在進行形。SAP S/4HANA移行のタイミングチャンスはいつか 【三菱ケミカルシステム】 3つの導入事例で学ぶ、ERPの海外展開を成功させるポイントとは? 【パシフィックビジネスコンサルティング】 基幹業務最適化ソリューション 「AvantStage」 【キヤノンITソリューションズ】 そのまま移行にはワナがある――実務で本領発揮する「SAP S/4HANA」移行の最適解 【三菱ケミカルシステム株式会社】 グローバル企業と取引できる中堅・中小企業は、何を準備しているか 【SAPジャパン株式会社】
ERP ERP ERP ERP ERP
進化は現在進行形。SAP S/4HANA移行のタイミングチャンスはいつか 3つの導入事例で学ぶ、ERPの海外展開を成功させるポイントとは? 各企業の業務方式や運用形態に応じて、SuperStream、mcframe、FOREMAST、Asprovaといった導入実績多数の国産ERPパッケージを自由に組み合わせて利用できるソリューション。 そのまま移行にはワナがある――実務で本領発揮する「SAP S/4HANA」移行の最適解 グローバル企業と取引できる中堅・中小企業は、何を準備しているか

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056352


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ