セカンドファクトリー、SharePoint Online用テンプレートを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


セカンドファクトリー、SharePoint Online用テンプレートを発売


掲載日:2014/07/01


News

 株式会社セカンドファクトリーは、企業のIT導入や利用開始の速度向上を図れるSharePoint Online向けテンプレートを、7月1日に発売する。価格は、ライセンス(売り切り)9万8000円。

 第1弾として“会社トップページ用テンプレート”“部署用テンプレート”“備品管理用テンプレート”が用意されている。

 テンプレートには、Webアプリケーションランチャー/メニュー拡大/タブ表示情報集約/検索ボックススクロール防止/備品管理などの機能が含まれている。テンプレートファイルと導入手順書が提供される。


出荷日・発売日 2014年7月1日 発売
価格 ライセンス(売り切り)9万8000円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報共有システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報共有システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他情報共有システム関連」関連の製品

これまでのUCとどう違う? 「インテリジェントコミュニケーション」とは何か 【日本マイクロソフト】 根強い「Microsoft Office」の人気、情報共有ツールのクラウド活用は進むのか 【アイティメディア株式会社】 インカムシステム 【NTTテクノクロス】 Web社内報 企画・編集サービス(クオリア) 【ウインズ】
その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連
働き方改革にコミュニケーションの改善は不可欠だ。現在の有力手段は「ユニファイドコミュニケーション」(UC)だが、限界も顕在化し始めた。求められる新たな手段とは。 根強い「Microsoft Office」の人気、情報共有ツールのクラウド活用は進むのか IPベースのインカムシステムで、スムーズな情報共有を実現するリアルタイムコミュニケーションツール。 モバイルメディアの特徴を生かし、動画・音声・アニメーションなどを活用した社内報を企画・取材・編集して提供するサービス。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056331


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ