日本IBM、モバイルアプリの迅速な開発・構築を図れる製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、モバイルアプリの迅速な開発・構築を図れる製品を提供


掲載日:2014/06/30


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、モバイルアプリの迅速な開発と実行、継続的な品質改善に加え、開発段階からアプリの脆弱性を診断する「IBM Worklight Platform」の提供を6月30日から順次開始する。

 「IBM Worklight Platform」は、モバイルアプリの開発・実行を支援する「IBM Worklight Foundation」と、継続的に品質を改善する「IBM Worklight Quality Assurance」、開発サイクルの早い段階で脆弱性を診断する「IBM Worklight Application Scanning」の3製品で構成されている。

 「IBM Worklight Foundation」は、オープン技術に基づいたエンタープライズ向けモバイル・アプリケーション・プラットフォーム(MEAP)。「IBM Worklight Foundation V6.2」では、ハイブリッドとネイティブ・アプリケーションの開発強化が図られている。位置情報サービスや統合プッシュ通知など、ネイティブ・アプリケーションから利用できるAPIが追加され、開発・保守の生産性向上と容易な管理を図れる。また、コマンドライン・インターフェースが提供され、開発から運用までの自動化を図れるほか、クラウド・サービスと連携するモバイルアプリの開発を支援する。

 「IBM Worklight Quality Assurance」は、モバイルアプリの品質改善を支援する。バグ・レポートでは、手作業で行なわれるアプリのバグ報告を効率化することで、開発時間の短縮を図れるほか、クラッシュ・レポートでは、アプリのクラッシュにともなう問題解析に必要な情報が自動的にレポートされ、バグ修正作業の効率化を図れる。また、ユーザ・フィードバックでは、エンドユーザのアプリに対する評価を分析できる。

 「IBM Worklight Application Scanning」は、開発段階で、コードレベルのセキュリティ検証を行なえる。「IBM Worklight Studio」と統合することで、統合開発環境内で「IBM Worklight」モバイルアプリ用のセキュリティ分析機能が提供されるほか、IBM Worklight Foundation V5.0.6/V6.0/V6.1/V6.2をサポートし、「IBM Worklight」プロジェクトのインポートや、ネイティブ/ハイブリッドの「IBM Worklight」モバイルアプリに対応する。また、「IBM Security AppScan Enterprise Server」と統合することで、カスタム・ルールやスキャン構成、フィルタを共有するなど、モバイル開発に求められるセキュリティのベスト・プラクティスを適用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発環境/BaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発環境/BaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「開発環境/BaaS」関連の製品

モバイルアプリ開発/運用プラットフォーム 『AppPot』 【NCデザイン&コンサルティング】 Magic xpa Application Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の4大課題解決法 【セールスフォース・ドットコム】 Visual Studio用開発支援ツール ComponentOne Studio 【グレープシティ】 クラウド開発基盤 Web Aviator(PaaS) 【キヤノンITソリューションズ】
開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS
企業向けモバイルアプリ開発を支援するプラットフォーム。アプリごとのサーバーサイドの開発が不要になり、開発工数を30%〜70%削減できる。 クライアント/サーバ、Web、RIA、iOS/Androidなど様々な形態やデバイスのアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるプラットフォーム。 脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法 Visual Studioで利用する複数のコンポーネントを搭載、多様なプラットフォームで利用可能なオールインワン開発支援ツール。
年3回の機能更新で、常に最新の開発環境を提供。
クラウドやオンプレミスで稼働させるWebアプリケーションの開発、検証、本稼働を迅速に行えるクラウド開発基盤。クラウド&標準技術&GUIツールでスピード開発を実現。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056322


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ