採用:米国農務省、モバイルソリューションにアクロニス製品導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:米国農務省、モバイルソリューションにアクロニス製品導入


掲載日:2014/06/27


News

 米アクロニス社は、米国農務省(USDA)が、iOS及びAndroidデバイスを活用した行政機関としての安全性を確保し、かつ提供する行政サービスのクオリティを高めるモバイルソリューションとして、アクロニス製品を導入したことを発表した。

 USDAは、個人用のデバイスの活用が企業にとっての脅威にならず、かつ、モバイル利用者を積極的に活用し生産性を向上できないかを模索していたという。

 行政機関としての十分な安全性を確保しつつ、最大約10万台のモバイルデバイスを活用し、サービス提供の迅速化とクオリティの向上を可能にするには、様々な場所と環境で同じ使用感で社内業務環境を構築する必要があったとしている。

 主な課題として、iOS及びAndroidのリモート利用者がUSDAネットワーク上のWindowsやLinuxのフォルダやファイル、特にPDFファイルやOfficeファイルに安全にアクセスできることや、暗号化認証FIPS140-2を含む米国政府機関のセキュリティ要件を満たし、保管及び転送時の機密データが安全に保護されることを挙げている。

 また、Office文書の編集やPDFファイルへの注釈付のほか、モバイルデバイス上への保存も利用者ができるようにすることや、オンプレミスとOffice365双方のSharePointドキュメントライブラリの両方にアクセスできること、MobileIron MDMと密接に統合されていることも課題だったと伝えている。

 これらの課題解決のため、USDAのパートナーであるモバイルインテグレータのDMI社は、Acronis Accessを選定し、MobileIron社と統合することにより、ポリシーの柔軟性を活かしながらデプロイや管理に必要なコストを削減することを可能にしたと述べている。

 主なメリットは、シングルサインオンでUSDAの様々なオンプレミス/オフプレミス・コンテンツに安全にアクセスできることに加えて、既存のActive Directoryを活用できる点と、1つのソリューションでiOSデバイスとAndroidデバイスの両方に対応できるため、トレーニングや互換性の問題を抑え、管理作業をシンプルにすることが可能な点だと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056281


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ