採用:サカイ引越センター、VoIP通話対応のボイスロギングを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:サカイ引越センター、VoIP通話対応のボイスロギングを導入


掲載日:2014/06/27


News

 ネクストジェン株式会社は、同社のVoIP通話に対応したボイスロギングソリューションが、株式会社サカイ引越センターの全拠点にて採用されたと発表した。

 VoIPとは、インターネットやイントラネットなどのTCP/IPネットワーク上で音声通話できる技術。社内LANを利用した内線電話や、インターネット電話などで応用されている。

 ネクストジェンのボイスロギングソリューションでは、各拠点にIP-PBXでの通話を録音するボイスロガー「LA-1000」を配備し、センタ側の通話録音データの蓄積・管理を一括で行なうボイスストレージ「VoIS」と連携させて、全拠点のIP電話による全通話記録ができるもの。各拠点の録音データをセンタ側で集約する構成のため、既存のネットワークや電話機の変更不要で通話録音と録音データの管理が可能となり、拠点の録音データは圧縮した上で送信される。

 同社製ボイスロガーとボイスストレージを組み合わせることで、同様の構成の他システムと比べて低価格で導入でき、導入が容易なほか、録音データは管理者権限に応じてWebブラウザのシンプルな操作で検索・再生ができるなど使い勝手の良さが特長だとしている。

 今回、サカイ引越センターでは顧客対応品質向上を目指し通話録音システムの導入を決定したが、コスト削減の観点から、通話録音システムの選定には既存のPBXと電話機を利用できることが前提となっていたという。同ソリューションは、この要件に対応できるほか、通話品質が良くコスト以上の導入効果が期待できることや、日本全国に展開する拠点の録音データを本社で一括管理できることなどが評価され、導入に至ったとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056277


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ