ロジテックINA、Windows Storage Server 2012搭載Cube型NAS発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロジテックINA、Windows Storage Server 2012搭載Cube型NAS発売


掲載日:2014/06/25


News

 ロジテックINAソリューションズ株式会社(ロジテックINA)は、OSにWindows Storage Server 2012 R2を搭載したCube型のNASを6月下旬に発売する。

 今回発売されるのは、Windows Storage Server 2012 R2 workgroup Edition搭載の「LSV-5S4CKW」シリーズと、同Standard Edition搭載の「LSV-5S4CKS」シリーズ、同workgroup Edition搭載で5年間のオンサイト保守を標準添付した「LSV-5S4CKWY5」シリーズ。

 いずれも、Windowsクライアントとの親和性に優れ、セキュリティソフトやバックアップソフトもインストールできる。ネットワークに接続し、クライアントPCからリモート操作することで、ファイル共有を容易に管理でき、Windows/OS X/Linuxの各クライアントでファイルを共有できる。SMB 3に対応している。

 USB3.0ポートを2基搭載し、筐体は幅184mm×奥行き280mm×高さ193mm。また、1000BASE-T対応LANポート×2、デュアルコアCPU、メモリ4GBを搭載し、データを高速に転送できる。

 Windows Server OS搭載ながら、Windows Storage ServerではCAL(クライアントアクセスライセンス)は不要(「LSV-5S4CEW」シリーズと「LSV-5S4CEWY5」シリーズの登録可能ユーザ数は50まで)。登録できるグループ数や共有フォルダは理論上無制限で、企業ユースのNASに求められる機能を搭載している。また、Active Directory(AD)に対応し、ワークグループに加え、Windowsドメインの環境に参加でき、ドメイン参加ユーザに対してアクセス権を設定できる。

 HDDを4台搭載し、出荷時状態RAID 5を構成しているほか、ホットスワップに対応している。HDDには、ウエスタンデジタル製の「WD Red」を搭載している。また、フリービット製のリモートアクセスツール「ServersMan@CAS」や、オレガ製のディスク仮想化ツール「VVAULT Basic」を搭載している。Windows Storage Serverで未サポートの管理機能を提供する「ロジテックツール」も追加されている。

 データエリアのボリューム全体を暗号化する“ディスク暗号化機能”や、“スケジュール電源管理機能”を搭載している。リモートデスクトップでの管理に加え、ブラウザ経由での“簡単管理画面”が用意されている。また、システムリカバリDVDが標準添付され、出荷時状態に戻せるほか、3年間の保証が付帯する。EUの“RoHS指令”に準拠している。


出荷日・発売日 2014年6月下旬 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? 【日本ヒューレット・パッカード+他】 「ハイパフォーマンスなストレージは高い」はもう古い 【日本ヒューレット・パッカード+他】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】 Amazon S3とAPI互換でハイブリッドに構成できるIBM Cloud Object Storageとは? 【日本アイ・ビー・エム株式会社】
NAS NAS NAS NAS NAS
Webキャスト:SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? いま買い換えるならオールフラッシュ一択だ。しかし、運用が煩雑になるならば手を出しにくい。では、運用効率のよいハイエンド品が予算の範囲で手に入るならどうだろうか。 Webキャストで解説、オールフラッシュで基幹系のコストはどれだけ削減できる? Amazon S3とAPI互換でハイブリッドに構成できるIBM Cloud Object Storageとは?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056217


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ