サードウェーブテクノロジーズ、中小規模向けタワー型NASを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サードウェーブテクノロジーズ、中小規模向けタワー型NASを出荷


掲載日:2014/06/24


News

 株式会社サードウェーブテクノロジーズは、中小規模ネットワークのデータ管理性の向上を図れる、大容量で高機能なタワー型NAS製品「TD3112」シリーズの出荷を6月下旬(予定)に開始する。

 「TD3112」シリーズは、パフォーマンス/利便性/信頼性に優れたプラットフォームを備え、ビジネスで使用するデータを、有効的/安全に活用できる。

 4TB HDDを8台搭載でき、最大で32TBの大容量を備えられるほか、データの重複排除機能を利用することで、ディスク容量の使用効率を向上できるため、小容量のNASを順次買い足すような運用は不要で、既存の複数のNASを統合することもできる。OSとして、管理性に優れたWindows Storage Server 2012 R2を採用し、簡易的ながら強力なストレージ管理や、SMB(Server Message Block)3.0を利用した暗号化などのセキュリティ機能を提供する。

 同時に多くの利用者からアクセスがあった場合でも、優れたパフォーマンスを提供するために、プロセッサ/メモリ/ネットワークアダプタが強化されている。また、データ転送のトラフィック負荷の分散を行なうNICチーミング機能をサポートし、小規模NASを統合した場合でも優れた性能を維持できる。

 全モデルで、購入時オプションとして、耐衝撃性と可搬性に優れた最大2TBのRDX(Removable Disk eXchange system)カートリッジ(筐体内に内蔵)を選択できる。同カートリッジは、容易に着脱できるバックアップ用デバイスで、Windows Storage Server 2012 R2のバックアップスケジューリング機能と組み合わせることで、外付けHDDへのバックアップに比べ、より優れた安全性と信頼性を提供する。

 拡張性と利便性に優れたスタンダードモデル「TD3112-S12」と、大容量でコストパフォーマンスに優れたハイエンドモデル「TD3112-S32」が用意されている。価格はそれぞれ、43万2000円、67万円。


出荷日・発売日 −−−
価格 「TD3112-S12」:43万2000円、「TD3112-S32」:67万円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】 Yahoo! JAPANの挑戦から学ぶ、大容量データの先進的なバックアップ手法 【日本アイ・ビー・エム】 非構造化データを活用する際に欠かせないストレージの要件とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】 ユーザー目線で選ぶストレージ――たどり着いた答えは「安定性」 【伊藤忠テクノソリューションズ】
NAS NAS NAS NAS NAS
Webキャストで解説、オールフラッシュで基幹系のコストはどれだけ削減できる? Yahoo! JAPANの挑戦から学ぶ、大容量データの先進的なバックアップ手法 データ分析用ストレージ、フラッシュタイプを選択する際に気をつけたいこと 専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。
ユーザー目線で選ぶストレージ――たどり着いた答えは「安定性」

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056211


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ