ノベル、SUSE LinuxとRHELの両製品を管理できる製品の新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ノベル、SUSE LinuxとRHELの両製品を管理できる製品の新版を提供


掲載日:2014/06/24


News

 ノベル株式会社は、SUSE Linux Enterprise ServerとRed Hat Enterprise Linux(RHEL)の両製品を管理できる、Linuxサーバー管理ソリューションの新版「SUSE Manager 2.1」の提供を開始した。

 今回の新版では、ユーザビリティやプロビジョニング機能、コンプライアンス/セキュリティ、電力管理機能が強化されていて、データセンターの複雑性や顧客コストを軽減できる。また、アセット(資産)管理やプロビジョニング、パッケージ管理、パッチ管理、構成管理、再配置機能に対応していて、Linux環境で包括的なライフサイクル管理を行なえる。

 小型画面向けの閲覧機能が向上していて、モバイルデバイスを使用し、より効率的に管理できる。また、アクションチェーン機能を備え、関連する管理アクションをワンステップに一元化し、実行することで、時間を節約できる。更に、セットアップウィザードが改善され、管理者は、同製品を最大限機能させるための構成を、基本ステップを通じて、より簡単/迅速にインストールできる。

 IPMI(Intelligent Platform Management Interface)プロトコルを通じて、ベアメタルシステムの電源のオン/オフや再起動を行なえる。これにより管理者は、システム障害時に遠隔地に導入されたサーバーをより効果的にコントロールし、電力コストを削減しながら、未使用サーバのセキュリティを向上できる。

 SCAP(Security Content Automation Protocol)のオープンソース実装“OpenSCAP”を用いて、構成と脆弱性のスキャンを実行し、SCAPのスキャン間で容易に比較を行ない、セキュリティを向上させながら、コンプライアンスチェックを簡単に行なえる。

 使い勝手に優れた、CVE(Common Vulnerability and Exposures)データのインターフェースを備えている。脆弱性の管理やセキュリティの測定、コンプライアンス対応を自動化できるほか、セキュリティの脆弱性を短時間で特定することで、IT部門のセキュリティを向上できる。また、システムの脆弱性やエクスポージャーに対し、体系的なアプローチを実装することで、パッチ管理を向上できる。

 パッケージをロックすることで、新しいパッケージや古いパッケージによる上書きを禁止できる。これにより、ミッションクリティカルなアプリケーションのステータスが維持され、不要な変更から保護できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー管理」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー管理」関連の製品

ファイルサーバスリム化「活文 File Server Optimizer」 【日立ソリューションズ】 コンソールサーバー SmartCS NS-2250 【セイコーソリューションズ】 ファイルサーバアクセス統合管理製品『Varonis DatAdvantage』 【ノックス】 NEC Information Assessment System 【NEC】 高可用性クラスタリングソフトウェア 「CLUSTERPRO D」 【日本電気】
サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理
ファイルサーバの状況を可視化し、不要ファイル候補をピックアップ。
不要ファイルの削除によりファイルサーバの増設を抑止。
ファイルの自動分類・検索で業務効率を向上。
SmartCSは、サーバーやネットワーク機器のコンソールポートを統合・収容し、ネットワーク障害発生時にも確実に対象機器へアクセスできるライフラインの構築を容易にする。 ファイルサーバのアクセス権限を統合的に管理できるファイルサーバアクセス統合管理製品。アクセス制限の棚卸し、可視化、監査、ファイルサーバ運用の効率化を実現する。 ファイルサーバの利用状況や不要データを可視化してトータルコストを削減。不適切なアクセス権や個人情報を検出することで、情報漏えいリスクを低減する。 業務システムの障害を監視し、障害発生時には業務を健全なサーバに自動的に引き継ぎ、高可用性を実現するHA(ハイアベイラビリティ)クラスタリングソフトウェア。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056210


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サーバー管理 > サーバー管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ