採用:エクサ、アシストが提供する統合運用管理製品を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:エクサ、アシストが提供する統合運用管理製品を導入


掲載日:2014/06/24


News

 株式会社アシストは、同社が提供する株式会社日立製作所の統合運用管理製品「JP1」が、株式会社エクサが提供するデータセンター/クラウドサービスの統合運用管理基盤として採用されたと発表した。

 エクサでは、顧客企業の課題解決のための仕組みを、SI開発、ICT基盤、クラウドなどを適切に組み合わせ、ソリューション・サービスとして提供しているという。その1つである「IT基盤ソリューション」においては、従来、データセンター、システム運用/監視、セキュリティ対策、災害対策、サービスデスクといった運用統制/品質管理プロセスごとに、パッケージ利用と自社の運用ノウハウを組み合わせてサービスを提供してきたが、様々なプロセスの一元的な管理や、より質の高いサービスを提供するシステム運用基盤構築が必要とし、中核となる統合運用管理基盤として「JP1」を採用したとしている。

 同社は、同製品の採用ポイントとして、様々な監視システムとの連携が容易なこと、管理画面がシンプルで操作性が良いこと、将来的に管理対象が増加しても拡張性があること、アシストにおいてサポート経験があることなどを挙げているという。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

オンプレミスと同じように安定かつ安全に運用できるクラウド導入 【F5ネットワークスジャパン】 LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】 プラットフォームの無停止を実現するための4つのステップ 【日本アイ・ビー・エム】 BCPの復元力を検証する「レジリエンシーフレームワーク」とは? 【日本アイ・ビー・エム】 IT運用改善の第一歩、現在の課題が分かるプロセス管理術 【日本電気】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
企業のマルチクラウド導入が急速に進んでいる。しかし、その導入では正常に動いていたオンプレミスとどれだけ同じように安定かつ安全に運用できるかが管理者の悩みとなる。 PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 「Always-On」の止まらないアプリケーション 実現のための4ステップ 地震、雷、火事、情シス――災害対策は検証して初めて役に立つ IT運用改善の第一歩、現在の課題が分かるプロセス管理術

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056182


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ