富士通、企業向けノートPCをグローバルに同時提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、企業向けノートPCをグローバルに同時提供


掲載日:2014/06/24


News

 富士通株式会社は、ノートPC「FUJITSU PC LIFEBOOK」で、Windows 8.1 Proなどを搭載した企業向けのグローバル共通モデル「E」シリーズ2機種の提供を6月下旬に開始する。

 今回提供されるのは、15.6インチワイド液晶採用の「E554/J」と、14.0インチワイド液晶採用の「E544/J」。メインボードやBIOSなどの内蔵コンポーネントに加え、ポートリプリケータ、バッテリ、ACアダプタ、利用目的によってユニットを交換できるマルチベイ用オプションなどのアクセサリを共有して使用できる共通デザインになっている。

 アドレスフリーのオフィスなどで、従来、PCの台数分を用意する必要があったオプション品を共有することで、ICTコストの削減を支援する。また、PC運用管理者が作成する運用マニュアルなども共通化できるため、管理コストを増やさずに業務利用時のニーズに合わせた柔軟な機種の選択が可能になる。

 更に、同シリーズ上位モデル「E754/H」「E744/H」「E734/H」ともポートリプリケータを共通で使用できるため、追加で端末を導入する場合に設置済みのものを利用できる。

 第4世代Core i5プロセッサを搭載し、省電力で高速なシステム処理を可能にしている。新しい無線LAN規格“IEEE 802.11ac”にはカスタムメイドで対応している。「E554/J」では、カスタムメイドオプションとしてシリアルポートが用意されていて、同インターフェース接続の周辺機器などを活用できる。

 カスタムメイドオプションとして、暗号化機能付きHDD/フラッシュメモリディスクや、指紋センサ、スマートカードスロット、セキュリティチップを搭載できる。

 ワールドワイドでの共通仕様により、グローバルにビジネスを展開するユーザに適している。

 価格は、「E554/J」が20万9400円から、「E544/J」が24万4100円から。なお、同製品は受注生産品になっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ノートパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ノートパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「ノートパソコン」関連の製品

「働き方改革」の7つのメソッド――社員の能力を引き出すデバイスの選び方 【デル】 1人情シスも安心の「Windows 10」移行ガイド――準備・実践のコツがすぐ分かる 【日本マイクロソフト】 PCリプレースが働き方改革の好機に――「Windows 10」移行で得られる安心と快適 【大塚商会】 人手が足りない中小企業でも「働き方改革」を無理なく実現できる方法とは? 【日本マイクロソフト】 最新デバイス解説:企業端末に必要なモビリティやセキュリティとは? 【VAIO】
ノートパソコン ノートパソコン ノートパソコン ノートパソコン ノートパソコン
「働き方改革」の7つのメソッド――社員の能力を引き出すデバイスの選び方 1人情シスも安心の「Windows 10」移行ガイド――準備・実践のコツがすぐ分かる PCリプレースが働き方改革の好機に――「Windows 10」移行で得られる安心と快適 大企業と比べて潤沢なリソースがない中堅・中小企業が、働き方改革を進めるにはどうすべきか。働き方改革に関するイベントの内容から、現実的な解決策を考える。 最新デバイス解説:企業端末に必要なモビリティやセキュリティとは?

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056179


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ