サードウェーブデジノス、クリエイター向けデスクトップPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サードウェーブデジノス、クリエイター向けデスクトップPCを発売


掲載日:2014/06/23


News

 株式会社サードウェーブデジノスは、Xeon E3プロセッサ・ファミリー“Haswell Refresh”を搭載した、クリエイター向けデスクトップPC「Raytrek LTx」シリーズ各種を発売した。

 「Raytrek LTx」シリーズは、“Haswell Refresh”世代のワークステーション(WS)向けXeon E3プロセッサを採用し、低発熱・低消費電力で運用できるため、レンダリングなど長時間・高負荷が連続する作業の際にも、一般的なデスクトップPCと同じ感覚でWSの優れた性能を活用できる。

 “Kepler”コアを搭載したプロフェッショナル向けグラフィックス「Quadro K」シリーズと、新しいDirectX向けグラフィックス「GeForce GTX」シリーズ搭載モデルがラインアップされている。「Quadro K」シリーズ搭載モデルでは、“4K”(3840×2160ドット)の高解像度出力を行なえるDisplayPort 1.2出力端子を搭載し、高解像度の映像編集やCADなどのOpenGLアプリケーションも快適に使用できる。「GeForce GTX」シリーズ搭載モデルでは、DirectX対応アプリケーションのプレビューやリアルタイムレンダリングなどを軽快に行なえる。いずれのシリーズも、前世代のグラフィックスカードに比べ、発熱・消費電力を抑えられ、Xeon E3プロセッサとあわせ、長時間・高負荷を掛け続ける場合が多い業務用途で、電力消費の低減を図れる。

 高性能CPUとグラフィックスを活用するために、組み合わせるマザーボードにはインテルH97チップセット搭載品を採用している。SATA 6Gbpsや、USB 3.0などの高速インターフェースを備え、PC全体のスループット低下の最小化を図れ、大容量データの読み込み/書き込みが頻繁に発生する作業もスムーズに行なえるほか、SSDやHDDを複数台増設することで、膨大なデータを保存することもできる。また、PCI Express Gen3スロットを搭載し、高性能なグラフィックスカードの性能を引き出せ、スムーズな描画を行なえる。Windows 8.1にも対応している。ASUS製を採用し、長時間連続負荷が前提の業務にも利用できる。

 コストパフォーマンスに優れ、メモリやHDDの増設カスタマイズも、一般向けPCとほぼ同等の価格が設定されているため、導入コストの削減を図れる。また、高負荷状態での連続稼働試験といった厳しい動作検証をクリアしているほか、品質面でも、専任スタッフが手作業で組立と出荷前テストを行なうなど、長期間使用に配慮されている。


出荷日・発売日 2014年6月20日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056178


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ