富士通、ビッグデータ利活用ソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、ビッグデータ利活用ソリューションを提供


掲載日:2014/06/23


News

 富士通株式会社は、ビッグデータに関する製品・サービス群を体系化した「FUJITSU Big Data Initiative」の取り組みとして、ユーザの営業部門や経営戦略立案部門などの業務部門が自らビッグデータを活用し、マーケティング高度化や業務プロセス変革などを図れるビッグデータ利活用ソリューション「FUJITSU Business Application Operational Data Management & Analytics」の提供を6月から順次開始する。

 「Operational Data Management & Analytics」は、業務システムのデータを含む社内の各種データやSNSなどの外部データを組み合わせてリアルタイムに分析する高度なビッグデータ分析を簡単な操作で行なえる。

 今回、第1弾として、業務部門でのニーズが高い“需要予測モデル”“顧客行動分析モデル”“経営分析モデル”が提供される。これらのモデルは、同社がこれまで導入してきたノウハウをデータ分析手法として組み込み、分析のためのソフトウェアを業務ごとに適切に組み合わせている。

 “需要予測モデル”は、消費財メーカーの営業部門向けに、小売店の販売明細に地域のイベント情報や気象情報などの外部データを活用して、需要を予測する。簡単に外部データを活用できる変換機能や分析メニュー15種(地域・店舗特性分析/価格・シェア分析など)が提供される。

 “顧客行動分析モデル”は、小売店のマーケティング部門向けに、顧客や商品などの店舗情報に加え、SNSやWebサイトなどからの情報を使って、顧客購買動向を分析する。様々なチャネルのデータを活用した分析メニュー32種(デシル分析・関連購買分析など)が提供される。

 “経営分析モデル”は、グローバルに展開する製造業の営業部門向けに、リアルタイムに海外拠点のビジネス状況を把握することで、拠点の営業活動を支援する。グローバルで統一した分析メニュー24種(地域・拠点・顧客・商品・事業の5軸によるセグメント別損益分析など)が提供される。

 また、同ソリューションのデータ管理基盤の1つとして、SAP社の技術を採用したカラムストア型のビッグデータエンジンにハードウェアと運用管理ソフトを組み合わせた「FUJITSU Integrated System Analytics Ready」の提供を7月に開始するほか、インテグレーションを強化し、業務部門によるビッグデータ利活用を促進していく。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「データ分析ソリューション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ分析ソリューション」関連情報をランダムに表示しています。

「データ分析ソリューション」関連の製品

ビジネスアナリティクス活用の課題は? 8つの指標で成熟度をチェック 【SAS Institute Japan】 SAS Enterprise Miner、SAS Factory Miner 【SAS Institute Japan】 予測分析の根本課題を解説、データが正しい意思決定につながらない理由とは? 【SAS Institute Japan】 音声マイニングソリューション 「VextVoiceMiner」 【ベクスト】 世界的にAI活用が進む中、日本はIBM Watsonで挽回できるのか 【日本アイ・ビー・エム】
データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション
IT業界が平均より低い? ――ビジネスアナリティクス成熟度調査 データ活用術は「反復型のアナリティクスライフサイクル」にあり 予測分析の根本課題を解説、データが正しい意思決定につながらない理由とは? コンタクトセンタに蓄積された音声データを音声認識によってテキスト化し、テキスト化されたテキストデータをテキストマイニングによって分析・活用するソリューション。 世界的にAI活用が進む中、日本はIBM Watsonで挽回できるのか

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056149


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ