NetApp、最大400万IOPSまで拡張できるストレージなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NetApp、最大400万IOPSまで拡張できるストレージなどを発売


掲載日:2014/06/20


News

 ネットアップ株式会社(NetApp)は、パフォーマンスと拡張性に優れたハイエンド ストレージ「FAS8080 EX」と、エントリーモデルのストレージ「FAS2500」シリーズを発売した。

 「FAS8080 EX」は、最大400万IOPSまでパフォーマンスを拡張できるほか、厳しいサービスレベル要件に対応するためにQOS(quality of service)機能も提供する。高速処理と低レイテンシが求められるアプリケーション向けには、4.6PB以上の容量を備えたオールフラッシュアレイ構成や、約500テラバイトTBのフラッシュキャッシュを搭載したハイブリッド構成にすることもできる。また、容量を約70PBまで、I/Oコネクションを600以上までシームレスに拡張できる。

 「FAS2500」シリーズは、フラッシュ対応が強化されたことで、ワークロードの高速化とデータ利用効率の向上を図れる。大規模企業向けのデータ管理機能も備え、ブランチオフィスからデータセンター、クラウドに至るまで企業のIT環境全体でデータ管理の簡素化を図れる。ニーズの高まりに合わせてシームレスにIT運用を拡張でき、導入コストを抑えられると同時に、信頼性の高いストレージシステムを通じてビジネスが止まるリスクを低減できる。また、導入期間を短縮できるほか、ボタン操作で業務を自動化できるソフトウェア管理機能を備え、煩雑な繰り返し業務が不要になる。

 また同社は、仮想デスクトップ向けに、オールフラッシュ構成のFASシステムのリファレンスアーキテクチャ「NetApp All-Flash FAS Reference Architecture for VDI」を発表した。パフォーマンス向上と、デスクトップあたりのコスト削減を図れる。

 異種混在環境のデータセンターにハイエンドの「FAS8000」シリーズを導入したユーザ向けにカスタマイズされたサービス「NetApp Services for OnCommand Insight」では、ユーザ特有のビジネス要件に沿ったダッシュボードやレポート機能を備えたIT環境の分析機能が提供される。物理/仮想/クラウドなどの環境を効率的に自社内で管理できるよう支援する。


出荷日・発売日 2014年6月18日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056135


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ