EMCジャパン、サーバー結合してストレージ構築できるソフト提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、サーバー結合してストレージ構築できるソフト提供


掲載日:2014/06/19


News

 EMCジャパン株式会社は、コモディティ サーバをソフトウェアで結合し、スケールアップできるストレージとして構築するソフトウェア製品「EMC ScaleIO」の提供を開始した。

 「ScaleIO」は、EMCが提唱するSoftware-Defined Storage(ソフトウェアで定義するストレージ)に関する製品群の1つ。コモディティ サーバを構成している様々なストレージデバイス(SSD、PCIeフラッシュ カード、HDD)を抽象化して結合することで、仮想ストレージ プールを作成し柔軟に拡張できる共有ストレージを構築する。サーバー仮想化/物理サーバの両環境に対応し、数台から数千台規模までの拡張性をサポートする。構成するサーバーの台数に比例して、容量やパフォーマンス(スループットやIOPS)が直線的に拡張するスケールアウト アーキテクチャを採用し、サーバーの追加や削除に応じてデータを自動的に分散・再配置する機能を備え、パフォーマンスや容量効率を最適化できる。

 コモディティ サーバやネットワークなど既存のデータセンターのリソースをそのまま活用でき、サーバー内の未使用リソースを活用して、ハードウェアへの投資を最小化できる。また、スナップショット機能やデータの暗号化など従来のストレージ製品が備えている機能性もサポートし、ビジネス拡張の柔軟性とコスト競争力を提供する。

 サーバーのDAS(直接接続型ストレージ)を使用して、全ディスクをグローバルな共有ブロック ストレージに集約する。単一レイヤーのコンピューティングと、追加のハードウェアや冷却/電力/スペースが不要なストレージ アーキテクチャを備えている。数TBから数PBまで、数台から数千台のサーバーに、ストレージとコンピューティングの両方をスケール アウトできる。

 容量やパフォーマンスの拡張や縮小を、ダウンタイム不要で、必要に応じてシンプルで容易に行なえる。容量の計画やデータの移行は不要で、小規模にも大規模にも拡張でき、拡張に応じて購入できる。任意のサーバーやストレージ メディアで稼働する。また、全サーバーで、I/Oロードを共有する超並列I/O処理を活用し、サーバーを追加することで、容量と処理能力を直線的に増やしながら、I/Oを中断せずに高速な並列再構築や再バランスを図れる。

 価格は119万7000円から(最小構成価格:1TB 9万9750円×12TB)。


出荷日・発売日 −−−
価格 119万7000円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

「ストレージ仮想化」関連の製品

SANsymphony 【データコア・ソフトウェア】 総合的なサポート能力の高さで安心して使うことができるHCI製品 【ヴイエムウェア+他】 有力パートナーがタッグを組んで提供する注目のHCI 【ヴイエムウェア株式会社】 データ中心の時代に求められるストレージの経済性を「SDS」で実現 【日本アイ・ビー・エム】
ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 ストレージ仮想化
バッチ処理が1時間→20分に! 「サーバSAN」でDBのレスポンスを向上させる メリットは理解しながらもサポートが心配でハイパーコンバージドインフラに踏み出せない。企業のそのような悩みを解決する製品が注目されている。そのサポート力とは? オールフラッシュがこんなに安いの? と思わず驚く注目のハイパーコンバージド データ中心の時代に求められるストレージの経済性を「SDS」で実現

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056109


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ