採用:京大病院、日本アバイアのビデオ会議システムを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:京大病院、日本アバイアのビデオ会議システムを採用


掲載日:2014/06/19


News

 日本アバイア株式会社は、京都大学医学部附属病院(京大病院)の臨床研究総合センターが、3月から日本アバイアのビデオ会議システム「Scopia Elite 6000」を活用していることを発表した。

 京大病院は、治験ネットワークの促進に取り組むため、2013年4月に“臨床研究総合センター”を開設したという。また、京都大学と連携する大学とが共同で臨床研究を行なうことにより、両者の臨床研究活動の推進を図る協力プロジェクト“開花プロジェクト”に参画していると伝えている。

 「Scopia Elite 6000」は、同プロジェクトにおいて、定期的な会議や研究者、医師、臨床研究コーディネーター(CRC)との打ち合わせのほか、多施設共同臨床試験の班会議、治験・共同臨床試験におけるプロトコル(試験実施計画書)の進捗状況や結果に関する会議などに活用されていると述べている。

 同システムを採用した理由として、ソフトウェアのアップデートが不要でシステムに不慣れなユーザでも使いやすい点や、複数の拠点からでも同時に接続できる点、ユーザ本位で映像(コンテンツ)録画・管理が自由にできるため何度も再生ができる点、暗号化技術による高いセキュリティが担保されている点を挙げている。

 ほかにも、アバイアが他社にOEM提供しているため、他社製のテレビ会議システムでも接続できる点や、自宅や外出先からでも会議に参加できる点、時間の節約とコスト削減が可能な点のほか、スマートフォンやタブレットなどへの接続も柔軟にできる点を挙げている。

 同病院は、今後の展開として、時間節約の観点から出張せずにテレビ会議システムを活用するニーズが増えると捉えており、テレビ会議システムの環境を拡大したいと考えていると伝えている。また、計画は未定だが、多地点間での遠隔カンファレンス(診療相談または症例検討会議)での活用も検討していると述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テレビ会議/ビデオ会議」関連情報をランダムに表示しています。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の製品

遠隔地とのビデオ会議で経験した問題トップ10、調査で明らかになった原因と対策 【ポリコムジャパン+他】 テレビ会議システム EVCシリーズ 【アバー・インフォメーション】 中堅・中小企業でもビデオ会議に手が届く今、見直すべき「日本の働き方」とは 【ポリコムジャパン株式会社】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
遠隔地とのビデオ会議で経験した問題トップ10、調査で明らかになった原因と対策 ハイコストパフォーマンス、高画質を特長とするテレビ会議ソリューション。単拠点モデル、多拠点モデルを展開。H.323、SIPプロトコルに準拠。 中堅・中小企業でもビデオ会議に手が届く今、見直すべき「日本の働き方」とは

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056083


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ