PSN、5型HD液晶搭載でLTE/3G音声通話対応の頑丈タブレット発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PSN、5型HD液晶搭載でLTE/3G音声通話対応の頑丈タブレット発売


掲載日:2014/06/19


News

 パナソニック システムネットワークス株式会社(PSN)は、頑丈タブレットコンピュータ「TOUGHPAD」シリーズで、LTE/3G回線での音声通話機能を搭載した、Windows Embedded 8 Handheldモデル「FZ-E1」を6月(予定)に、Androidモデル「FZ-X1」を8月(予定)に発売する。価格はいずれもオープン価格。

 「FZ-E1」「FZ-X1」は、過酷な現場や屋外でのIT化で利用されている「TOUGHBOOK」シリーズの技術をベースにし、画面が濡れていても手袋をしたままでも操作できる、5インチHD(1280×720ドット)液晶搭載の頑丈タブレット。LTE/3G回線での音声通話に対応し、音声での業務連絡も可能(要別途回線契約)。

 更に、ユーザの用途に応じて生産性を高める様々な機能とオプション群による拡張性を備え、電気/ガス/水道/公共に加え、運輸/物流/小売/製造などの業界でも、過酷な環境下で業務にICTを活用するユーザを支援する。

 MIL-STD-810G(米国国防総省の性能試験の一種)に加え、本体の6方向に対してコンクリート面への3mの高さからの落下試験も実施されている。IP65/IP68に準拠した防塵・防滴/防水性能も備えている。

 6200mAhの高容量バッテリを搭載し、連続駆動約14時間(同社独自基準での測定結果)と、連続待受約1000時間(電波環境が安定した場所で静止状態で測定)を可能にしている。1時間で約50%充電できる急速充電機能と、電源を切らずにバッテリパックを交換できるホットスワップ機能を備えている。

 高輝度/高コントラストの液晶を搭載し、視認性に優れているほか、マイナス20度の低温環境から60度の高温環境にまで対応している。

 「FZ-E1」はQualcomm MSM8974AB(2.3GHz)Quad Core、「FZ-X1」は同APQ8064T(1.7GHz)Quad Coreを採用している。メモリはRAM 2GB、フラッシュメモリ32GBを搭載している。

 サイズは高さ165mm×幅87mm×厚さ31mmで、重さは約430g。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「タブレット」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「タブレット」関連情報をランダムに表示しています。

「タブレット」関連の製品

タブレットの業務利用、活用成功に導く情報武装の5つのオキテ 【インフォテリア】 シニア層も事業者も簡単に始められる、タブレットでICTサービス 【東日本電信電話】 スタッフ研修のコストを削減、自主学習を促す仕組みの作り方 【インフォテリア】 地銀の機動力とセキュリティを両立した、タブレット2000台導入プロジェクト 【富士通】 5年間で3割のコスト削減、焼津市役所のタブレット活用に学ぶ業務改革 【富士通】
タブレット タブレット タブレット タブレット タブレット
タブレットの業務利用が本格化 営業活用を成功に導く情報武装の5つのオキテ 高齢者に寄り添ったビジネス展開の新たなる武器 かんたんタブレットの実力は? スタッフ研修のコストと時間を削減、空き時間の自主学習を促す仕組みの作り方 地銀の機動力とセキュリティを両立した、タブレット2000台導入プロジェクト 5年間で3割のコスト削減、焼津市役所のタブレット活用に学ぶ業務改革

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056079


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ