SCSK、コールセンター向けクラウドサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SCSK、コールセンター向けクラウドサービスを提供


掲載日:2014/06/18


News

 SCSK株式会社は、米国Transera Communications,Inc.のコールセンター向けクラウドサービス「transera」の提供を6月に開始する。また、株式会社セールスフォース・ドットコムの「Service Cloud」とのクラウド間連携で、コールセンター業務を「Service Cloud」で一元的に行なえる新機能「Transera Call Center App for Salesforce」の提供を7月に開始する。

 「transera」は、ACD(着信呼自動分配)/IVR(音声メニュー)/CTI(テレフォニー連携)/通話録音などのコールセンター機能をクラウド型で提供するサービス。クラウドに仮想的なコールセンターシステムを構築することで高い拡張性が提供されるため、大規模工事や煩雑なインストール作業不要で、短期間でコールセンターを構築でき、自社設備で運用する場合に比べ、初期投資を低減できる。機器やソフトウェアのメンテナンス/アップグレードが不要なので、メンテナンスフリーなシステム運用を図れる。また、月々の利用席数に応じた月額課金モデルで、繁忙期やイベントなどでも利用できる。

 OTT(Over The Top)で機能が提供され、既設のオフィスPBXにACD/CTI機能をクラウドからアドオンしてハイブリッド型のコールセンターシステムを構築するなど、新しいシステムを構築できる。固定電話/携帯電話/IP電話など、アクセス種別を問わず、電話とインターネットがあれば、コールセンター業務を開始でき、拠点分散型/在宅型など、様々な運用形態を組み合わせたコールセンターを構築できる。

 オペレーターや管理者向けGUIはブラウザベースで、アプリケーションのインストール不要で利用できるほか、コールセンターの各種設定をGUIを使用して行なえ、各種設定変更費用は不要。また、複数拠点のコールセンターを仮想的に統合し、場所/システムを問わず、適切なオペレーターに着信させることで、稼働率の向上を図れる。インハウス、アウトソーサー、在宅型、海外拠点のローカル・コールセンターでも、一元管理/運用を行なえる。

 また、7月にリリースされる新機能では、稼働状況モニタリングやコールフロー作成、レポーティングなど、スーパーバイザーの管理業務、コールセンター管理者の運用業務まで、「transera」が提供する各種機能を「Service Cloud」で行なえる。

 価格は1席月額1万1550円から(10席で利用契約期間が1年間の場合)。


出荷日・発売日 −−−
価格 1席月額1万1550円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】 次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。 コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056065


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ