ファーウェイ、“Interop Tokyo 2014”で2製品が特別賞を受賞

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ファーウェイ、“Interop Tokyo 2014”で2製品が特別賞を受賞


掲載日:2014/06/18


News

 中国 華為技術日本株式会社(ファーウェイ)は、“Interop Tokyo 2014”の“Best of Show Award”において、同社のアジャイル・スイッチ「S12700」シリーズと大容量ストレージ・システム「OceanStor UDS」(UDS)がそれぞれ特別賞(エンタープライズ ネットワーキング部門、データセンタ&ストレージ部門)を受賞したと発表した。

 「S12700」シリーズは、プログラム制御可能なアーキテクチャで、機能をすばやく柔軟にカスタマイズでき、SDN(Software-Defined Networking)へのスムーズな展開をサポートするほか、同社のENP(Ethernet Network Processor)を搭載し、ネイティブな無線アクセスコントローラ機能を提供することにより、有線と無線の統合ネットワークの構築を支援する。

 また、統合ユーザ管理機能によってユーザとサービスの管理が統一され、同社のiPCA(Packet Conservation Algorithm for Internet)で様々なサービス・フローをホップごとに監視できるので、高度なサービス管理ができることに加えて、同社のVRP(Versatile Routing Platform)を実行することにより、高性能L2/L3スイッチングサービスや、MPLS(Multiprotocol Label Switching)VPN、ハードウェアIPv6、デスクトップ・クラウド、ビデオ会議などの様々なネットワークサービスを提供する。

 更に、ISSU(In-Service Software Upgrade)、NSF(Non-Stop Forwarding)、MPU(Main Processing Unit)の1+Nバックアップを可能にするスイッチ・ファブリック・ハードウェア・クラスタリング・システムであるCSS2(Cluster Switch System Generation 2)、ハードウェアEth-OAM/BFD、リング型ネットワークプロテクションなどの様々な信頼性技術が用意されていて、生産性の向上、ネットワーク稼働時間の増大、TCOの削減を支援する。

 「UDS」は、ARMアーキテクチャをベースとした高密度・省エネルギーのストレージ・ノードとP to P分散型ストレージ・エンジンを採用し、優れた拡張性の提供とTCOの削減を可能にする。

 各種アプリケーション・システムと組み合わせられるため、企業やサービス・プロバイダは大規模リソース・プール、Webディスク、クラウド・バックアップ、アクティブ・アーカイブなどのエンド・ツー・エンド ソリューションとして利用できる。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

今すぐ実践、IT活用とオフィス空間づくりで進める「働き方改革」 【ミロク情報サービス】 海外製SFAからの移行事例〜次期SFA選びを失敗しないための3つのポイント_JUST.SFA 【ジャストシステム】 マンガ『ひとり情シス物語』:障害対応に時間をかけるなんてあり得なくない? 【デル株式会社】 実は見落とされがち……新興企業の爆速成長に必要不可欠な要素とは 【日本オラクル】 成長企業がいま知っておくべき、スピード経営基盤の考え方とは 【日本オラクル株式会社】
暗号化 SFA 統合運用管理 ERP ERP
今すぐ実践、IT活用とオフィス空間づくりで進める「働き方改革」 SFAの移行を検討する企業が次期SFAを選ぶ際に留意すべきこととは?SFA選びを失敗しないための3つのポイントとは?実際のSalesforceリプレース事例をもとに解説。 マンガ『ひとり情シス物語』:障害対応に時間をかけるなんてあり得なくない? 斬新な発想と圧倒的なスピードを武器に、新興企業でも市場を席巻できる時代が到来した。しかし急成長を狙う前に、バックオフィスの重要性を再認識しておく必要がある。 成長企業がいま知っておくべき、スピード経営基盤の考え方とは
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056059



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ