アラタナ、セキュリティ・フルフィルメント事業の2社を子会社化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アラタナ、セキュリティ・フルフィルメント事業の2社を子会社化


掲載日:2014/06/18


News

 株式会社アラタナは、ゲヒルン株式会社と株式会社ターミナルの2社の株式を取得し、グループ会社としたことを発表した。

 アラタナは、ネットショップに特化したテクノロジーサービスを提供している。

 ゲヒルンは、ECシステムやデータセンター事業者、金融機関などに脆弱性診断及びソリューションの提供を行なう企業。セキュリティを扱う同社の子会社化によって、高いレベルのサービス提供が可能となると述べている。

 一方、ターミナルは、商品撮影や物流といったフルフィルメント業務や店舗オペレーションを主な業務としている。メディアコマース事業の拡大にあたり、同社を子会社とすることで、システム構築から集客、物流までEコマース全体を支援するサービス提供が可能となると伝えている。

 Eコマース市場の中でこれまでに各社が培ったノウハウを活かし、“ネットショップを『つくる』技術”の提供のほか、“メディアと連携した『売る』仕組み”“ネットショップを『守る』技術”を展開することにより、戦略的なECテクノロジーサービスの提供が可能となるとしている。

 また、今回のグループ化と同時に、ゲヒルン代表の石森 大貴氏がアラタナグループのCTO(最高技術責任者)に就任すると伝えている。

 今回の人事は、アラタナグループとして技術力の向上をはかるとともに、次世代への技術の啓蒙・人材教育を視野に入れ、決定したものだと述べている。

 なお、ゲヒルンの代表取締役は石森氏が継続し、体制の変更はないとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

被害が拡大する「ビジネスメール詐欺」 代表的な手口と対策は? 【トレンドマイクロ】 2018年セキュリティ脅威予測:サイバー犯罪者が次に狙う「企業の弱点」は? 【トレンドマイクロ】 アプリケーション開発を加速するPaaS、利用企業の利益はどれだけ増えたのか? 【Pivotal ジャパン】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 「攻殻機動隊 S.A.C.」×Cisco──理想の働き方の実現のために何ができるか? 【シスコシステムズ合同会社】
メールセキュリティ 検疫 開発ツール 暗号化 テレビ会議/ビデオ会議
被害が拡大する「ビジネスメール詐欺」 代表的な手口と対策は? 2018年セキュリティ脅威予測:サイバー犯罪者が次に狙う「企業の弱点」は? アプリケーション開発を加速するPaaS、利用企業の利益はどれだけ増えたのか? ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
「攻殻機動隊 S.A.C.」×Cisco──理想の働き方の実現のために何ができるか?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056049



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ