東陽テクニカ、CFP2/CFP4対応100Gイーサ測定器を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東陽テクニカ、CFP2/CFP4対応100Gイーサ測定器を発売


掲載日:2014/06/17


News

 株式会社東陽テクニカは、データセンターやエンタープライズバックボーンなど、よりエンドユーザに近い環境向けに、CFP2/CFP4インターフェースに対応した、米国スパイレント・コミュニケーションズの100Gイーサ測定器「dX2-100Gモジュール」を6月(予定)から順次発売する。

 「dX2-100Gモジュール」は、CFP2インターフェースに対応した100Gイーサを4ポート搭載し、専用アダプタを利用することで、新世代の小型インターフェース“CFP4インターフェース”も動作させられるIP測定器。トラフィック試験で重要なパケットジェネレータ機能とアナライザ機能に特化し、全ポートで100Gワイヤレートでのトラフィック送受信を行なえる。また、「Spirent TestCenterシャーシ」に搭載することで、1シャーシあたり最大48ポートの100Gイーサ負荷試験(4.8Tbpsに相当)を行なえる。

 また、ポート密度が従来製品の2倍に高密度化されていて、ポート単価が約50%、ポート当たりの消費電力が約70%低減されている。

 CFP2インターフェースを4ポート搭載した「dX2-100GO-P4」(6月発売予定)と、CFP2インターフェースを4ポート搭載し、マルチスピード対応の「dX2-100G-P4」(10月発売予定)が用意されている。予定価格は約2800万円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 予定価格:約2800万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

ネットワークが切れる、遅い――モバイルワーカーのストレスをMPMで解決 【NetMotion Software】 Webアクセスシェイパ 【NTTアドバンステクノロジ】 帯域幅の急増にも対応、ネットワーク機能仮想化で構築する通信インフラ 【インテル】 セキュリティと運用管理の「4つの課題」を解決 【ネットワールド】 古くて新しい「ネットワークの自動化」を現実のものにする具体的な方法 【ジュニパーネットワークス株式会社】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
ネットワークが切れる、遅い――モバイルワーカーのストレスをMPMで解決 システムの処理性能を上回るアクセス集中をキューイングし、整理することで快適なWeb環境を維持。 帯域幅の急増にも対応、ネットワーク機能仮想化で構築する通信インフラ セキュリティと運用管理の「4つの課題」を解決 古くて新しい「ネットワークの自動化」を現実のものにする具体的な方法

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056041


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ