この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リブセンス、米国に新子会社を設立


掲載日:2014/06/17


News

 株式会社リブセンスは、取締役会において米国に100%連結子会社“Livesense America Inc.”を設立することを決議したと発表した。

 同社は、2018年12月期を最終年度とする中期経営計画の達成に向け、既存事業の強化・拡大や新領域の開拓・創造に取り組んでいるという。新領域の開拓において、海外での事業展開を重要な成長戦略の1つと位置づけており、米国で市場の調査研究や現地ビジネスネットワークの構築、新サービスの開発を行なうことが、今後の国内外における事業展開上必要であると判断し、新たに米国子会社を設立することとなったと伝えている。

連結子会社の概要は、商号がLivesense America Inc.(予定)で、設立地が米国カリフォルニア州、設立年月日は7月〜8月を予定しているという。

 また、同社は今後の業績に与える影響として、2014年12月期業績への影響は軽微であるが、中長期的に同社連結業績の向上を目指していくとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは 【ネットワンシステムズ株式会社】 EU一般データ保護規則(GDPR)をコンプライアンス施策だけで終わらせないために 【日本アイ・ビー・エム】 166社調査で見えた無線LAN導入・運用のヒント――多くの企業がつまずいたのは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】 ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 【インテル】 安全性とコンプライアンスを両立、先進企業4社のタッグで生まれたクラウド基盤 【インテル】
統合運用管理 その他データ分析関連 無線LAN IaaS/PaaS IaaS/PaaS
ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは EU一般データ保護規則(GDPR)をコンプライアンス施策だけで終わらせないために 166社調査で見えた無線LAN導入・運用のヒント――多くの企業がつまずいたのは? ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 安全性とコンプライアンスを両立、先進企業4社のタッグで生まれたクラウド基盤
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056018



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ