ハンモック、IT統合管理ソフトウェアの新バージョンを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ハンモック、IT統合管理ソフトウェアの新バージョンを出荷


掲載日:2014/06/16


News

 株式会社ハンモックは、IT統合管理ソフトウェア「AssetView PLATINUM」をリブランディングした新バージョン「AssetView Ver.7」の出荷を6月中旬に開始し、保守契約ユーザへの提供を開始する。

 今回の新バージョンは、整理されたメニューや、表示に関わる操作をまとめた優れた操作性、よく使用する機能をまとめられる“お気に入り”機能、目的が明確に分かるヒント表示など、使いやすさを追求した新ユーザインターフェースを搭載し、カスタマイズ性に優れ、ユーザの目的ごとに機能を限定した運用を行なえる。

 新製品として、メーラーを問わずに送信メールを添付ファイルまで取得できる「AssetView Mail」や、スマートデバイスの管理/運用を統合管理コンソールで行なえる「AssetView MDM」、メール送信ログやPC操作ログをアーカイブし長期間のログ保存と高速検索を行なえる「AssetView アーカイブ」がラインアップに追加されている。新機能として、ライセンス管理機能の強化や、死活監視機能、簡易Webフィルタリング、Active Directory(AD)と連携したユーザごとのデバイス制御、メディア個体を識別したデバイス制御などを搭載し、運用性の向上を図れる。

 IT資産管理の「AssetView A」では、ライセンス管理機能が強化され、ライセンス形態の複数登録や、ライセンス割当、正規のソフトウェアライセンス以外のインポートも行なえるほか、指定したIPアドレスの範囲に対して死活監視を行なえ、応答があった機器に対してSNMP(Simple Network Management Protocol)で機器情報を取得できる。また、Windows ストア アプリの情報を取得できる。

 アプリケーション配布の「AssetView D」では、自動インストール/アンインストールスクリプトが提供される。PC操作ログ管理の「AssetView M」では、指定したURLをキーワードにWebアクセスを禁止できるほか、Windows ストア アプリの起動/終了ログに加え、Chromeで操作したGoogle Appsの操作ログを取得できる。デバイス制御の「AssetView G」では、ADと連携したユーザごとのデバイス制御を行なえるほか、メディア個体を識別したデバイス制御を行なえる。

 また、製品を連携させることで、USBデバイスへのファイル書出し時の自動暗号化や、個人/機密情報を検知した際の自動暗号化、個人/機密情報のファイル操作を検知した際の自動暗号化を行なえる。


出荷日・発売日 2014年6月中旬 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件 【クレオ】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 オンプレ環境をクラウドのようにスケールアップ――インフラコスト削減の秘訣 【日本ヒューレット・パッカード】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 オンプレ環境をクラウドのようにスケールアップ――インフラコスト削減の秘訣

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056010


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ