事例:ブラジル国立競技場、ANSYSシミュレーションで安全性検証

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:ブラジル国立競技場、ANSYSシミュレーションで安全性検証


掲載日:2014/06/16


News

 米ANSYS,Inc.は、ブラジルの国立競技場エスタジオ・ナシオナル・デ・ブラジリアで、マルチフィジックス解析が、強風が観客及びチームの安全性に影響を与えないことを検証したと発表した。

 エスタジオ・ナシオナル・デ・ブラジリアは、1974年に建設されたが、ワールドカップの開催にあたってファサード、金属の屋根、スタンドを改築し、フィールドは高さを下げてすべての客席から見渡せるように改修されたという。

 改修工事に参加したNOVACAP(ブラジル新首都都市計画機構)は、サンパウロ大学のMattos Pimenta教授と協力して、風荷重の観点からスタジアム構造の安全性を検証したが、厳しいスケジュールのため、15日という期間で、縮小モデルを製作して風洞実験を行なうより90%短縮して検証を完了させなければなかったとしている。

 今回、ANSYSのチャネルパートナーESSS社のシミュレーションスペシャリストは、ANSYSの数値流体解析(CFD)ソフトウェアを使用して、スタジアム周りの空気の流れ及びスタジアムの屋根に作用する圧力を予測したと述べている。

 また、風力、スタジアムの基盤構造と伝統的に熱狂しがちな観衆が構造に及ぼす影響を調査するため、ANSYS有限要素解析ソフトウェアを使用したと伝えている。

 同社のソフトウェアを導入した結果、解析は2週間で完了し、従来の風洞実験と比べて期間は10分の1に、費用は物理試験と比較して66%削減されたと述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データ分析ソリューション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ分析ソリューション」関連情報をランダムに表示しています。

「データ分析ソリューション」関連の製品

マーケティング施策に足りないもの データ分析で顧客を理解する 【富士通】 eレセプションマネージャー for Guide 【ソフトバンク】 hitTO(ヒット) 【ソフトバンク】 ロボットがビッグデータ分析を自動化――予測分析モデルを誰でも利用可能に 【新日鉄住金ソリューションズ】 データ・プレパレーション・プラットフォーム 「Paxata」 【アシスト】
データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション
今のマーケティング施策に足りないものは何か?――データ分析で顧客を理解する 「Pepper」の接客はここまできた――自然言語処理の強化でさらに会話上手に 複数の質問に同時対応、AIで問い合わせ対応を自動化する ロボットがビッグデータ分析を自動化――予測分析モデルを誰でも利用可能に ビッグデータやIoT、クラウドなど先進分野でのデータ分析に求められる「データ準備」を機械学習などの最新テクノロジーを活用して素早く実現する。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055987


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ