NTT Com、Frost & Sullivan Japan Excellence Awardsで受賞

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、Frost & Sullivan Japan Excellence Awardsで受賞


掲載日:2014/06/13


News

 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、2014 Frost & Sullivan Japan Excellence Awardsにおいて、“Japan Unified Communications-as-a-Service Provider of the Year”を受賞したと発表した。

 2014 Frost & Sullivan Japan Excellence Awardsは、Frost & Sullivan社が主催する前年に日本市場で活躍した企業を対象とした賞で、今年で4回目を迎えるという。

 NTT Comが受賞した“Japan Unified Communications-as-a-Service Provider of the Year”は、収益の伸び、市場シェア、導入実績、提供するソリューションの革新性などといった評価指標に基づき、前年に最も活躍したユニファイドコミュニケーションサービス提供事業者に贈られる賞だと伝えている。

 Frost & Sullivanは、NTT Comはクラウド型ユニファイドコミュニケーションサービス「Arcstar UCaaS」を通じて、他社に先駆けてカンファレンス・モバイル・BYODにも対応した様々な機能を提供する、安定し、かつ信頼できる事業者であり、2013年にはサービス開発及びM&A戦略を通じて著しい成長と拡大をしたと述べている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 【ジェイズ・コミュニケーション】 「秒速スタート」は当たり前、今日から始める次世代のWeb会議 【ロジクール+他】 「無停止型サーバ」導入事例、性能向上と運用保守工数の削減を両立するには? 【日本ストラタステクノロジー】 低コストでマルウェア感染を防ぐ――目視を組み合わせた標的型メール攻撃対策 【クオリティア】 標的型攻撃は“目視”で防御、サンドボックスで防げない攻撃にも強い理由とは? 【クオリティア】
ファイアウォール Web会議 サーバー仮想化 メールセキュリティ メールセキュリティ
未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 国内外に複数の拠点を持つ企業なら欲しいWeb会議システム。しかし、導入しても使い方が複雑となると、せっかくの投資効果が台無しだ。どういう製品を選べばいいのか。 「無停止型サーバ」導入事例、性能向上と運用保守工数の削減を両立するには? 低コストでマルウェア感染を防ぐ――目視を組み合わせた標的型メール攻撃対策 標的型攻撃は“目視”で防御、サンドボックスで防げない攻撃にも強い理由とは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055963



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ