富士通、SDNを利用した広域ネットワーク向け仮想化製品を出荷

IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、SDNを利用した広域ネットワーク向け仮想化製品を出荷


掲載日:2014/06/12


News

 富士通株式会社は、SDNを利用して、ICT基盤全体を最適化するアーキテクチャ“FUJITSU Intelligent Networking and Computing Architecture”に基づく製品の第2弾で、広域ネットワーク向け仮想化製品「FUJITSU Network Virtuora NC」「FUJITSU Network Virtuora SN-V」の出荷を6月から順次開始する。また、ネットワーク品質管理ソフトウェア「FUJITSU Network Proactnes II QM」を機能強化し、6月に出荷を開始する。

 「Virtuora NC」は、ネットワークの構成情報を集中管理し、サービスごとに適切な仮想ネットワーク構築を一元的に行なう集中管理型ソフトウェアで、複雑な仮想ネットワークの運用を高品質で効率的に行なえる。同社の経路設計エンジンを利用して、中継ノードの段数や確保できる帯域幅など、多面的な情報に基づいた適切な経路を迅速に決定し、広域ネットワークでファイアウォールやロードバランサなどの機能を選択し自動でつなぐサービスチェーニング機能を提供するほか、サービスごとの通信経路情報を分かりやすい画面で可視化することで、仮想ネットワークの運用を簡素化でき、OPEX(運用コスト)削減を支援する。また、広域ネットワークで、集中管理型のネットワーク仮想化ノード(「Virtuora SN-V」など)と自律分散型のIP通信機器(ルータなど)の双方に対し、仮想ネットワークの運用制御・管理を行なえる。

 「Virtuora SN-V」は、「Virtuora NC」が設定した情報に基づいて、仮想ネットワーク制御やユーザデータ転送処理を行なうソフトウェアで、汎用IAサーバで動作するため、専用通信機器の利用を低減でき、CAPEX(機器投資)の削減を図れる。また、「Virtuora NC」を利用した制御に加え、自律的な経路障害監視と、障害検出時の即時切り替え機能を備えているほか、「Virtuora SN-V」の制御インターフェースとして、標準プロトコルOpenFlow1.3をサポートしている。

 「Proactnes II QM」は、通信データの動きを分析し、品質劣化の即時検出と問題個所の正確な特定を行なうソフトウェア。今回、品質劣化情報を「Virtuora NC」に即時通知するインターフェースとネットワーク仮想化方式“NVGRE”プロトコル・“Q-in-Q”プロトコルに対応し、高速データキャプチャの機能強化が図られ、「Virtuora NC」と連携したことで、従来のネットワークと同様に、広域仮想ネットワークでエンドユーザの体感品質の向上を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055946


IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ