ネクストセット、Office 365向けに組織アドレス帳機能を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネクストセット、Office 365向けに組織アドレス帳機能を提供


掲載日:2014/06/12


News

 株式会社ネクストセットは、Office 365で利用できるSaaS型の組織アドレス帳の提供を開始する。

 今回提供される組織アドレス帳は、組織/グループ一覧をツリー表示でき、一覧表示の表示順序を変更できるほか、組織/グループ単位で非表示にできる。管理者が表示項目を設定できる。メンバーの検索機能も装備されている。

 組織アドレス帳からメールを作成でき、新規/返信/転送メール画面からポップアップでアドレス帳を開き、アドレスを登録できる。会議室/リソース情報や、社外メンバーも表示できる。メンバーを“お気に入り”登録できる。

 利用者情報をCSV形式でアップロード/ダウンロードでき、ツリー情報や利用者情報など共有アドレス帳機能も装備されている。メンバー写真をアップロードできるほか、利用者自身でアドレス帳を編集できる。

 サテライトオフィスの“シングルサインオン機能”とのデータ連携機能を搭載している。基幹系システムとのデータバッチ連携機能が装備され、組織アドレス帳を社内システムで利用できる。

 多言語に対応でき、Office 365 マルチテナントにも対応。スマートフォン/タブレット専用ビューが用意されている。管理者事前テスト機能も装備されている。SQLインジェクション/クロスサイトスクリプティング/クロスサイトリクエストフォージェリーへの対策が施されている。

 Office 365を利用しているすべての企業/ユーザが利用できる(IE6/7/8はサポート外)。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他情報共有システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報共有システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他情報共有システム関連」関連の製品

ペーパーレス会議システム 「V-CUBE ドキュメント」 【ソフトバンク コマース&サービス】 iPad用ペーパーレス会議システム 「ZERO COPY Meeting」 【ソフトバンク コマース&サービス】 kintone for リテール 【ソフトバンク コマース&サービス】 CLOMO SecuredContacts 【ソフトバンク コマース&サービス】 名刺管理サービス CamCard Business 【ソフトバンク コマース&サービス】
その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連
iPad、Androidタブレット、PCからも利用が可能なマルチデバイス対応のペーパーレス会議システム。同じ資料を見ながら、その資料に書き込みやマーキングが可能。 会議資料の配布・回収が自由自在で、紙資料の良さを十分に生かしたペーパーレス会議システム。資料の配布状態をコントロールできるため、外部流出のリスクも大幅に軽減。 kintoneのデータと連携して多店舗経営における本部、店舗間のコミュニケーションを効率化するサービス。店舗支援を行うためのさまざまな機能を実装。 安全かつ効率的に、組織で共有すべき連絡先の管理を実現する共有アドレス帳アプリ。連絡先を共有アドレス帳に登録した上で、グループごとに閲覧権限を設定できる。 名刺データ化から、共有、商談管理、顧客管理までをカバーする名刺管理サービス。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055943


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ