NTTデータと中華電信研究院、ネットワークへのSDN適用で共同研究

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータと中華電信研究院、ネットワークへのSDN適用で共同研究


掲載日:2014/06/12


News

 株式会社NTTデータは、台湾 中華電信股●有限公司電信研究院(●はにんべんに分。中華電信研究院)と、通信事業者のネットワークにSDN(Software-Defined Networking)技術を適用するための共同研究を、6月より開始したと発表した。

 中華電信研究院は、固定通信・移動通信の両方を手がけている台湾の通信事業者で中華電信傘下の研究機関。これまで、コスト削減やネットワークサービスの高度化など、キャリアネットワークの課題を解決するためのSDN活用について、検討・研究を進めてきたという。今回の研究ではそうした知見と、NTTデータの持つSDNコントローラ開発についての知見を共有することにより、国内外の通信事業者が求めている柔軟性・拡張性に優れたネットワークインフラの構築を目的として、共同研究を実施するとしている。

 具体的には、SDNを活用して、ネットワークノードの集約や管理の一元化、及び負荷状況や契約グレードに応じた動的な経路制御・QoS制御などを行なうことにより、設備コスト・運用コストの削減とネットワークの信頼性向上、サービス開通時間の短縮などを可能にするソリューション開発を目的としている。同共同研究において中華電信研究院は、主にネットワークサービスのアプリケーション部分を担当し、NTTデータは、主にネットワーク機器を制御するソフトウェア部分を担当するとしている。

 今後、両社では共同研究の成果物をまとめ、国内外の通信事業者の商用ネットワークへその成果を適用していく予定であると伝えている。また、SDN分野における技術開発を連携して進め、日本及び台湾における通信事業者向けSDNソリューションのビジネス展開を推進するとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターへの変革 【ネットアップ】 次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】
NAS データセンター運用 バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理
ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット 企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055931



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ