オラクル、SDNとNFVの進化目指すOpenDaylightプロジェクトに参加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オラクル、SDNとNFVの進化目指すOpenDaylightプロジェクトに参加


掲載日:2014/06/12


News

 米オラクルは、ソフトウェア定義のネットワーク(SDN)のオープンソース・プロジェクトでる“OpenDaylightプロジェクト”にシルバーメンバーとして参加したと発表した。

 “OpenDaylightプロジェクト”はコミュニティの主導によって、業界がサポートするオープンソースのフレームワークを推進し、SDN及びNFV(Network Functions Virtualization)の進化を目指すとしている。

 オラクルは今後、「OpenDaylight SDN」を「Oracle Solaris 11.2」に統合し、効率的な仮想環境とアプリケーションを主導としたSDNテクノロジー、エンタープライズクラスのOSを実装したOpenStackディストリビューションを融合させることによって、クラウド・コンピューティング向けに高度な効率性と互換性、安全性を備えたオープンで低価格のソフトウェア・プラットフォームを提供していく意向だと伝えている。

 今回の統合は、オラクルのユーザが「OpenDaylight」に対応するデバイスやアプリケーション、サービスを利用して「Oracle Solaris」の仮想化機能やアプリケーション主導のSDN機能を使用できるようにすることを目的にしていると述べている。

 「OpenDaylight」をオラクルのスタックに統合することで、ユーザはDBやJavaに関してもアプリケーションからディスクまでのSLA条件を設定できるメリットがあり、優先度の高いアプリケーションや管理フローを保護すると同時に、Java DeveloperKit APIを利用してネットワークSLAの要件を満たすことができる。

 また、ユーザは「Oracle SPARC」サーバや「Sun x86」サーバ、「Oracle Storage」をはじめ、共通でオープンなプラットフォーム上に構築された様々なSDNエコシステムやアプリケーションを通じて「Oracle Solaris」のクラウド管理向けOpenStackディストリビューションが活用できるようになる。

 同社では「OpenStack Neutron」と「OpenDaylight SDN」との互換性も確率し、ユーザが安全で柔軟な可用性の高い「OracleSolaris」の仮想マシン・インスタンスでアプリケーションを導入できるようにしていく予定だと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

単なるセキュリティ監視ではない MSSを選ぶための10のポイント 【SecureWorks Japan】 良い人材を採るチャンスを増やす、求人管理システムで採用を強化 【Donuts】 勤怠・シフトを一元管理、多機能ツールでコストを一気に削減 【Donuts】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 ネットワーク性能監視ツール導入事例集 セガホールディングス他 【アイビーシー】
セキュリティ診断 人事管理システム 勤怠管理システム 暗号化 ネットワーク管理
単なるセキュリティ監視ではない――「MSS」を選ぶための10のポイント 「良い人材を採る」チャンスを増やす、求人管理システムで採用活動を強化 勤怠・シフトを一元管理、多機能ツールでコストの無駄を一気に削減 ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
ネットワーク性能監視ツール導入事例集――セガホールディングス、他
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055928



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ