ORiENT、暗号化パスワード・指紋認証USB等の一括管理製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ORiENT、暗号化パスワード・指紋認証USB等の一括管理製品を発売


掲載日:2014/06/10


News

 オリエントコンピュータ株式会社(ORiENT)は、指紋認証USBメモリ・パスワードUSBメモリ「セキュアセブン・フィンガーセブン」シリーズの企業用管理ソフト「USBログ・セキュリティ管理システム」を6月に発売する。

 同社は、ハードウェア暗号化機能付きのハイエンド指紋認証USBメモリ「フィンガーセブン」や、ハードウェア暗号化機能付きパスワードUSBメモリ「セキュアセブン」、ソフトウェア暗号化のパスワードUSBメモリ「セキュアセブンL」を提供している。

 今回発売される企業用「USBログ・セキュリティ管理システム」は、これらのUSBメモリを一括で管理できる。シリアル番号をもとに、USBメモリと、そのUSBメモリが所属する事務所/部署/利用者の管理を行なえる。

 USBメモリ利用ログの一括管理や、利用制限、USB関連利用ログの取得を行なえるほか、USBメモリへの利用可能PCの一括インポートや、USBメモリの各種設定のインポートも行なえる。従来は各USBメモリ個別の設定が必要だったが、管理や設定を簡単に行なえ利便性を向上できる。

 病院/会計監査法人/会計士/一般企業/役所などでの重要なデータを移動する場合に、USBメモリを紛失してもデータの漏洩を防止できる。USBメモリのパブリック領域を、利用不能にしたり、最初から非搭載で供給することも可能。

 大量に利用する場合は、他のUSBメモリの利用制限やログ一括管理などが可能な「オリエントコンピュータUSBログ管理セキュリティシステムクラウド版/サーバー版」も利用できる。各省内や会社の事業部別のセキュリティの重要度に合わせて指紋認証/パスワードUSBメモリの両方を利用しながら、本社でUSB資産やログの一括管理が可能な上、既存のIT資産管理システムと連携したデータ共有管理も簡単に低コストで行なえる。

 各官庁/各企業特色の個別カスタマイズ化にも低価格/少数ロットで対応できる(個別案件は営業部に要問い合わせ)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055882


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ