ウォッチガード、ネットワークセキュリティ管理する新OSリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウォッチガード、ネットワークセキュリティ管理する新OSリリース


掲載日:2014/06/09


News

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は、新OS「Fireware 11.9」をリリースした。

 「Fireware 11.9」では、同社のUTM(統合脅威管理)アプライアンスから、より一元的に有線と無線の両方のネットワークセキュリティを実装・構成・管理できる。無線アクセスポイント(AP)の管理機能が向上し、有線ネットワークと同様に無線ネットワークを一元管理するための機能が拡張され、Webの統合インターフェースを通じてリアルタイムでネットワーク全体の管理・監視を行なえる。

 有線・無線ネットワークで、管理とセキュリティの一元的な統合管理を図れるため、管理者の負荷とコストの節約を図れる。一度ポリシーを設定することで、有線・無線を問わず、全トラフィックに容易に適用させられる。

 新しく拡張された機能を利用することで、無線APの有効範囲の迅速なマッピングや、有線・無線ネットワークのセキュリティポリシーの同時変更に加え、ネットワークインフラ全般でトラフィック・カバレージ・セキュリティ基準の適用を行なえる。また、トラフィックとチャネルの干渉や、脆弱性の特定、帯域幅の優先順位の管理、同じ周波数を共有する隣接ネットワークに関して、全無線LANの活動をマッピングすることもできるため、無線LANを含む全トラフィックやセキュリティの課題を明確化でき、リアルタイムに管理できるほか、ネットワーク上の正規のAPに紛れた不正なAPの特定にも活用できる。

 また、ウイルス対策・スパム対策・アプリケーション制御・標的型攻撃対策(APT)・情報漏洩対策(DLP)など、従来のセキュリティサービスも装備されているほか、セキュリティデータに関するビッグデータのリアルタイム可視化ツール「WatchGuard Dimension」も統合されていて、同社の全UTMアプライアンスに無償で標準搭載される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UTM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UTM」関連情報をランダムに表示しています。

「UTM」関連の製品

FEREC 【ネットスプリング】 アプリ脆弱性に迅速に対応するインターネット分離後の運用管理 【ヴイエムウェア】 FortiGate 【図研ネットウエイブ】
UTM UTM UTM
IDとパスワードによる「ユーザ認証」「アクセスコントロール」「ログ収集」を1台で実現するアプライアンスタイプのLANアクセス管理システム。 インターネット分離だけで満足していないか? 分離後の対策を怠ると…… ファイアウォールをはじめとした多彩なネットワークセキュリティを単一のアプライアンスで提供。独自開発プロセッサによる最高水準の性能と高コストパフォーマンスを両立。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055848


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > UTM > UTMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ